• 楽水庵とは??整体院院長紹介
  • 楽水庵の施術について
  • よくある質問
  • お客様の声パフォーマンスアップ例
  • アスリートの方へ
  • リンク集
  • NEWS&TOPICS
  • 楽水庵ブログ
  • 楽水庵を推薦していただいております
楽水庵 店舗概要

【住所】
〒617-0828
京都府長岡京市馬場2丁目6-8

【電話番号】
090-1902-9553
075-925-5951

【営業時間】
10時~12時 / 14時~16時
17時~19時 / 20時~22時
※完全予約制

HOME > 楽水庵ブログ

楽水庵ブログ

特にオフィス勤めの方に、「腕が軽くなる」筋肉は?

こんにちは、楽水庵です。

タイトル通り腕全体が軽くなる筋肉は?と問われれば、イの一番に出てくるのが「肩甲下筋」です。
この筋肉はズバリ「腋」の筋肉で、肋骨と肩甲骨に挟まれています。
オフィス勤め等で同じ姿勢でいると、まずここが固まってきます。

この筋肉をリリースすると本当に腕が軽くなるそうです。
「そうです」と書くのは、私自身はリリースするばっかりなので来院された方の感想を聞くだけなのと、あまり自分自身腕が重いと感じないものですから。

この間女子高生に伴ってこられたお母さんにしてあげたところ腕はその場で軽くなり、普段肩がガチガチなのですが、翌日肩を触った知り合いが普段とあまりにも違うのでビックリしたそうです。

アプローチとしてはかなり拘縮が強い場合はテーピングもしますが、直接リリースする方が非常に効果的です。
ただ、このリリースですが最近になってかなり上手くなったと自分でも感じていますが、以前は少し強引だったもので受け手の方もかなり痛みを感じられましたが、やっている方の私も結構指をつりました(^_^;)
小さな女性でも肩甲下筋はかなりガチガチになっている方はおられます。

今のやり方ですが、肩甲下筋のストレングストレーニングを行った後に腋に指を入れ、同時に肩甲骨の筋膜を肩口の方に誘導してしばらく待ちます。
少し経ってくると徐々に緩んできますので、更に肩甲骨の筋膜を動かしていくと指が肩甲骨の奥まで届きます。
決して指の方を先に突っ込もうとしない方が良い結果を伴いますね。

以前は施術の流れで最後の方に行っていましたが、最近では前半の方で行っています。
その方が腕のリリースとかを行っても解れ具合がかなり違うからです。


また腋を触られて「痛い」のではなく、「くすぐったい」人も大抵は肩甲下筋が固くなっています。
以前も書きましたが、「くすぐったい」というのはその箇所の不調を物語るバロメーターでもあるのです。


楽水庵



午前中の頻尿が大幅改善、私です(^_^;)

こんにちは、楽水庵です。

私自身の事ですが、仙椎にジェルフィッシュテープを貼る事により午前中の頻尿が大幅に改善しました。

夜間頻尿はないのですが、ここ最近は朝仕事をしだして1時間ほどすると尿意が強くなり、施術を中断してトイレに行く毎日でした。
仕事前にもトイレを済ましているのにです。
ましてやそんなに寒い時期でもないし、朝摂るコーヒーのせいかなとも思っていました。
しかし、昼からはコーヒーを飲んだ後でもそんなに尿意は感じません。
普段は自分の処でやっているのでまだ良いのですが、戸外だったりしたら辛いですよね。

それがこの間胸椎12番ー腰椎1番の椎間板へジェルフィッシュテープを貼り替えた際に、ついでに仙椎2番ー3番の椎間板にも貼ってみたところ、状態が大幅に改善しました。
ここへは他人にはよく貼っているのですが、自身に貼るのは初めてでπテープを左右それぞれS3神経の通り道へ貼るぐらいでした。
しかし、ここの椎間板を触ってみるとやはり違和感があり、一度試してみようと思いました。

貼った事を忘れて次の朝仕事をしていても昼過ぎまで全然大丈夫だったので、「何でかな~?」と感じていたぐらいです。
それからは、朝仕事をしていても途中でトイレに行きたくなるような尿意を感じる事はなくなりました。

仙椎2番ー3番の椎間板が詰まっていると、女性では月経痛がひどくなり、男女共通して腹筋(腹直筋・外腹斜筋)が機能低下してその結果鼠蹊部が詰まったりする事がよくあります。

私の頻尿に関して言えば、前立腺の可能性もあるのかも知れませんが、結構若い頃からトイレは近い方だったのでよく判りません。
ただ、夜に何度もトイレに行くという事はなかったので、単に椎間板が少し詰まっていた事が前立腺を刺激していたのかも。
テープを定期的に貼り替えてしばらく様子を見てみます。

楽水庵




第4回公開セミナーを開催しました

こんにちは、楽水庵です。

先日17日に4回目の公開セミナーを開催しました。

20170617kouza.jpg

今回は、私が今年見つけた『身体の傷めるパターン』のおさらいで、特に首周りのテーピングを実際受講者に貼ってもらいビフォー・アフターを感じてもらう事に主眼を置きました。

このパターンは今のところ私が施術(ブースを含む)した方達全員に当て嵌まり、例え主訴が変形性膝関節症であろうがヘルニアであろうがまずはここからアプローチしていくべきと私自身が考えています。
特に首は最初にチェックすべきところで、時間を掛けて学習してもらいました。
実際首の不調が肩周りとかだけでなく、下半身に大きな影響を及ぼしています。

ただ、私のテーピングは単に筋肉にアプローチしているだけでなく同時に筋膜リリースも兼ねているので、その考え方や筋膜を誘導して緩んでいるのを感じなければいけないので、見た目は非常にシンプルなのですが少しでもテーピングした事のある人には非常に難しいらしいです(^_^;)

肝心要のところなので、何回でも繰り返して覚えてもらうつもりです。
逆に1回見ただけでスッとできれば天才でしょうね(笑)

楽水庵


なんと、280円で!!

こんにちは、楽水庵です。

近所にあるリサイクルセンターに行ったところ、この「レッグマジック サークル」というのが何と280円で売ってありました。
それも5台も!なんかの放出品だったのかな?

legmagic.jpg

以前から普段人の動きで、余程の事がない(またそういう類のスポーツをしていない)と「横の動き」がないので内転筋等の内腿の筋肉が鍛えられないし仙腸関節も動きが悪くなると言っておりました。
私自身はサイドランジやサイドステップ、それに四股を日課でやっていますが、元々この器具には興味があったので買いました。
無茶苦茶安いですもんね~、おまけにマットももらいました(笑)

早速昨夜も少しやってみましたが、結構難しい・・・
パワーバンドに替えたら強度をもっと上がられると書いてありますが、まだ動きもしっかりしていない段階でそれは無茶。
早く慣れようと、今朝ノルディックジョギングを短めにして再度挑戦してみました。

結果は上々で、やはりノーマルでも結構効きます。
取説やDVDで、私自身は横に動かす「ラテラルグライド」という動きしか知らなかったのですが、いろんな運動ができるのですね。
結構面白いです(*^。^*)
おまけに上半身の運動もできるキットも付いていて、これもやってみるとかなり効きます。

うちに来られている皆さんに話を聞いていると、かなりの方が購入したものの使われていないようです。
こんな値段で売っていた事自体あまり需要はないのでしょうかね。
私は凄く良いトレーニングツールだと思うのですが。
体幹を鍛えるにはうってつけですね。

楽水庵




胸鎖乳突筋と中斜角筋及び上腕三頭筋の繋がり、時に痺れも

こんにちは、楽水庵です。

以前寝癖等により首の筋肉が機能低下するとこういう症状になると書いた事があります。
今回はそれの改訂版とも言えるものになります。

それは胸鎖乳突筋を傷めている側は、一緒に中斜角筋も傷めているという事です。
胸鎖乳突筋の機能に同側への側屈がありますが、これは中斜角筋と同じ機能です。
おそらくこれで中斜角筋も傷めてしまうのではないでしょうか。
また、中斜角筋を傷めると上腕三頭筋に力が入らなくなります。
これが時として痺れを起こす要因にもなります。

先週の事です。
元々右手全体の痺れが出てお仕事を休まれていて当院にお越しになられた男性。
順調に回復し、早々に仕事に復帰されたのですが、ここ最近右手首を屈曲すると手首周辺に痺れが出ると訴えられました。

最初は手根管が詰まっているのかな?と思いましたが、そうではなさそう。
手首を屈曲した状態という事は、上腕三頭筋が伸ばされた状態なのでチェックしてみると陽性でした。
そこで上腕三頭筋の筋膜を誘導して機能が回復するかどうか診たのですが、それだけでは回復できず。
ひょっとしたら、という事で中斜角筋をテストしてみると陽性。
そこで中斜角筋にテーピングして再度上腕三頭筋をテストしてみると正常になり、手首を屈曲した時の痺れも治まりました。
上腕三頭筋は肘頭を跨いでいて、なおかつ肘頭には神経が集中しています。
おそらくここが刺激されて痺れが出たものと思われます。


それから来られる皆さんの、胸鎖乳突筋の弱っている側の中斜角筋をテストしてみると、果たして全員陽性でした。
同側の上腕三頭筋も同様でした。

面白いもので、斜角筋は前・中・後と3つありますが、前斜角筋・後斜角筋は反対側に陽性が出て中斜角筋は陰性です。
ただ、何故だかは判りませんがC3神経は詰まっています。

こういうパターンは皆さんお持ちで、変形性膝関節症の方でも同様です。
膝だけアプローチしても良い結果は出ません。
やはり首から調整していった方が楽になられます。

という訳で、以前のパターンの修正版をアップしておきます。

pattern1.jpg


楽水庵







階段や石段を下りる、これもトレーニング

こんにちは、楽水庵です。

最近急に真面目になって(笑)、毎朝早目に起きてロードワークをしています。
以前は早歩きをしていたのですが、先月中頃からノルディックウォークならぬノルディックジョギングをやっています。
ノルディックで走るのは最初難しいですが、これも生まれて初めて自転車に乗るのと同じように慣れれば問題ありません。

うちから走って15分ぐらいで氏神さんである「向日神社」があります。
表参道はなだらかな直線のスロープなのですが、裏側は崖で約100段ほどの石段です。

muko_ishidan1.jpgmuko_ishidan2.jpg これをダッシュで3回ほど走る(これは普通のランニング)のですが、この石段かなり奥行きがあるので片足で1段ずつ下りていくのは、上りダッシュで脚が疲れている時結構大変です。

その時ふと思ったのが、所謂「脚に身が入る(みがいる)」状態。
筋肉痛の事なんですが、これって関西の方言のようですね(笑)。
激しいトレーニング・練習をした後に、1週間ぐらい階段を下りる時に手摺に縋らないと降りられないほどの筋肉痛を経験された方も結構おられるでしょう。

あれって確かに階段を上る時も多少辛いですが、圧倒的に下りる時の方が痛いですよね。
では、何故か?という事を向日神社の石段を下りながら考えたら、この下りる動作って実は「片足スクワット」になっているからです。
上りの時ももちろん片足を挙げますが、下りと違って腰を落とす事はありません。
この下りの「片足を挙げて腰を落とす」、これこそ片足スクワットでだからこそ下りの方が脚に来るのです。

なおかつここで問題なのが、痛いのは太腿の前面で、大腿四頭筋が原因でここをマッサージすればマシになると考えがちです。
ところが、違います。
筋膜的な繋がりや筋肉の拮抗関係から太腿の後ろの張りは中殿筋、前の張りは大殿筋が原因の事がほとんどです。
「片足スクワット」になった時に大殿筋が機能しない為に、拮抗筋である大腿四頭筋にシワ寄せが来るのです。
ですから、こういう場合大腿四頭筋よりも大殿筋を緩める必要があります。

さて、石段の話に戻ると、上りばっかり意識しないで下りでの「片足スクワット」を意識すればもっと良いトレーニングになると感じました。
具体的には、片足を挙げている時間を長くしてなおかつ腰を一度更に落としてから下りていく、という具合にです。
今度行ったら試してみようと思います。
ただ、下りも結構脚を使うので3回も上れないかも(^_^;)

楽水庵





仙腸関節に効く、「四股」の考察

こんにちは、楽水庵です。

仙腸関節の動きが悪い方は結構おられます。
普段の生活で「横へ動く」という事はあまりないからです。

バスケットボールみたいに横へ結構動く競技とかは別にすると、特にボートや自転車等の競技は前後の動きしかないので普段から気を付けていないと仙腸関節の動きが段々と悪くなっていって、最終的には股関節の可動域を下げパフォーマンス低下を招きます。

ですから、サイドステップや四股を普段から行うように推奨しています。
その中で、今回は「四股」について考察してみます。

先月福島に行った際に受講者の中で相撲の指導者の方がおれたので、四股について少し指導していただきました。
自分も毎日少しずつやってはいるのですが、その方が四股を踏んでおられるのを見ていると全く自分の毎日踏んでいるのと違う。

何が違うか?
その時は理解できませんでしたが、最近こういう事なのだと判りかけてきました。

また下手な図ですm(__)m

shiko.jpg

その福島の相撲の方も、以前京都でお会いした相撲の指導者も口を揃えて「四股は片脚スクワットです」と言っておられました。
あ、なるほど!
今までの自分は、1のように腰を落とした状態からそのまま脚を挙げていました。
ところが、それでは単なる「横蹴り」になってしまうのですね。
お尻の横、つまり中殿筋とかには効きますが、「片脚スクワット」というからには「大殿筋」や「大腿四頭筋」にも効かせたい、そうすればもっと運動量が上がります。

つまり、2のように腰を落とした状態から少し上げる方の脚を浮かせ、そのままその脚を挙げていくのではなく、一旦そこで支持脚の方を下してから挙げる、これで相撲の方達が言っておられた「片脚スクワット」になります。

確かに相撲の方が四股を踏んでおられるのを見ると、非常にユッタリとしたリズムでやっておられます。
微妙な動きなのでなかなか見つけられませんが、自分でやってみて確かにこうだと確信しました。

もちろん、それはそれで難しいですけどね(^_^;)

楽水庵

何故ベンチプレスで利き手側の方が潰れてしまうのか?

こんにちは、楽水庵です。

全ての方には当てはまりません。
ただ、学生時代に野球やテニス等ラケットを使った球技をされていた方は要注意です。

しかし不思議ですね~たいてい利き腕の方が強い筈なのに・・・

というのは、利き手側の肩の靭帯が弛んでいる可能性が高いのです。
その靭帯というのは、肩甲上腕靭帯という上腕二頭筋と大胸筋を繋いでいるもので、これが弛むとフォロースルーで押し切る際に使われる胸の筋肉が機能しません。
早い話がピッチングなら「手投げ」になってしまいます。
プロ野球のピッチャーで肘を傷めて移植手術をされる方がおられますが、肘を傷める前に肩を傷めて要る可能性がかなり高い。
手投げになるから肘を傷めてしまうのです。


以前は恥ずかしながら肩甲上腕靭帯の弛みをロックするだけで良くなると思っていた時期もありました。
しかし、そうではなく肩甲骨から上腕に繋がっている「小円筋」という小さな筋肉が機能低下をする為に靭帯も傷めてしまうと最近は考えています。
この小円筋はテイクバックの動作をする際に使われます。
逆にフォロースルーの際には伸ばされますのでオーバーストレッチになってしまうのでしょう。
勝手な憶測ですが、小円筋が機能低下している中で無理にテイクバックの動作をする事で肩甲上腕靭帯も伸ばしてしまうのでは、と考えます。

ボートの選手達でも、それまでに野球等の球技をしていた人は結構な割合で利き手側の小円筋と肩甲上腕靭帯を傷めています。
いわば「古傷」です。
そして、そのままの状態でベンチプレスをすると利き手側から潰れてしまうのです。

ただし、ラクロスなどは逆に利き手の反対側を傷める事があります。
競技特性で右利きの人が左側に振りかぶる、所謂左でテイクバックの動作をするような動きをする為です。
来られた事はありませんが、ひょっとしたらホッケーの選手も似たような傾向なのかも?

どちらにしても、小円筋と肩甲上腕靭帯を整えなければ、いくらベンチプレスをしても効果的ではありません。
傷めている側はいわば「腕で挙げている」だけでメインのターゲットである大胸筋がほとんど使われていないからです。


楽水庵



「腹筋するのが嫌になりました」競輪選手

こんにちは、楽水庵です。

先日久しぶりにお越しになった競輪選手。
一番の望みはライディングフォームを撮った際に首周りが安定してほしいとの事。

チェックしてみると、頚椎5-6番間に詰りが見られました。
これはそのカウンターパートに当たる胸椎12番-腰椎1番間にジェルフィッシュテープを貼付して解消。

他に何か問題はないかとチェックしてみると、鼠蹊(そけい)部が結構詰まっている。
この場合、S2-3番間が詰まっている事が多く、彼の場合もそうでした。

そして、このS2-3番間が詰まっていると、腹筋のうち腹直筋と外腹斜筋が機能しません。
何故かというと、S3神経の流れが悪くなっているからです。
S3神経は恥骨周辺の皮膚を神経支配しています。
そして、皮膚の神経支配をしているという事はその内部の筋肉等にも影響を与えているのです。
腹直筋に外腹斜筋は恥骨に繋がっており、その為に機能低下を起こします。

よく「・・・筋が弱い」という表現を我々もしてしまいますが、実際の処筋肉自体が弱っているというよりも、皮膚や筋膜の流れが悪くなっている為にその奥にある筋肉が持っているパフォーマンスを出せないだけのケースがほとんどなのです。
ですから、キネシオテーピングで皮膚・筋膜の流れを整えてあげると、筋肉はポテンシャル通りのパフォーマンスを出せるのです。
逆に「ただ貼っただけで筋出力がアップする」のであれば、それはドーピングですから全競技でキネシオテーピングは禁止されている筈です。
キネシオテーピングができるのは、あくまで「ポテンシャルを引き出す」事だけです。
それで整えて、更に鍛えハイパフォーマンスを出す事によってポテンシャルをもっと高める、この繰り返しが「勝利の王道」だと確信します。

競輪選手の話に戻すと、元々野球をしていて腹筋運動なども所謂「回数をやらされる」ものばかりしていて、それも楽をする為に脚の筋肉を使ってやっていたようです。
S2-3間の詰りを取って、腹筋、特に腹直筋が効きやすいようにした状態で腹筋運動をしてもらうと、数回でパンプアップしました。
「もう腹筋をするのが嫌になりました」と笑いながら言っていました。

それでも、こういう地味な調整とトレーニングをしていくと、彼は益々強くなるでしょう。
断っておきますが、「腹筋が効いた」からと言って常に腹直筋に力を入れている訳ではありません。
逆にどちらかというと、腹直筋は運動中にリラックスしている時間の方が圧倒的に多いのです。
瞬間的に力を入れているだけです。
ただ、ちゃんと力が入らないという事はちゃんとリラックスできていない事です。
その為に近くにある腸腰筋なども機能しなくなってきて、パフォーマンス低下や腰痛などを引き起こしてしまうのです。

本当に「効いている」と数回でパンプアップします。
だから、「腹筋運動を何百回できる」とか言っている方は真の意味での腹筋運動をしていない可能性が高い。
もちろん、ちゃんと効いているのをその回数できるのなら凄いですけどね。

競輪などは瞬間的なスピードがないと勝てません。
それが収入面で数百万、場合によっては千万単位の獲得賞金の差になって表れるシビアな世界です。
その為にも「嫌になってしまった」腹筋運動でも、コツコツとやってほしいですね。

楽水庵




「叱られてきたからこそ、若い世代を叱るのが恩返し」

こんにちは、楽水庵です。
いつもとは趣が変わった内容になります。

最近また大学生と接触が多く、結構叱る事が多々あります。
こういう話題を少し前にレース会場で指導者の方々と話している時に、「最近ではもう叱る事を諦めた」とか「いつかは判るだろう」とか「自分達も若い頃はたいがいだったからな~」という意見を聞きました。

しかし、違うと思います。
叱ってもらったからこそ、今の自分達があるのです。
その時は判らなくとも、時間が経てば判る事がほとんどです(もちろん、中には理不尽なものもありますが)。
時間が経たなくては、またもっと体験を摘まなければ理解できないものもあるのです。

それを叱るのを諦めたらどうなるでしょう?
「いつか判る」というのは幻想です。
叱られた事がない人は歳をとっても判りません。
詳細は書きませんが、そういう次第でお引き取りを願った56歳の女性がおられます。
「誰かに叱られた事がなかったのですか?」と尋ねると、「親以外に叱られた事がない」との答え。
「おそらく面倒くさいから皆離れていって、周りには同じような面倒くさい人しか残っていないのだろう」とうちに来られている方々が説明してくださりましたが、おそらくそうでしょう。
ちゃんと叱られた事がない人はこうなる運命になる事が多いのです。

現在付き合いがあるのが国立大の学生が多いのですが、おそらくあまり叱られた事がないと見受けられます。
また、親御さんはだいたい私と同世代になりますが、現状で国立難関大学に入れる子の親御さんも優秀な方が多いようです。
そういった方々はあまり叱られる事無く育った為に、ある意味判らずに親になられたとも言えます。
だからこそ叱られてきた自分達が、代わりに叱ってあげる事が必要だと思います。

叱ると言っても怒鳴る事ではありません。
感情的に叱っても反発を受けるだけでしょう。

冷静に道理を言えばその場で理解してくれる事もあるし、もしその場で判らなくても、我々がそうであったようにある程度年齢がいったら判ってくれると信じています。
ですから、叱る事を諦めてはいけないのです。


楽水庵

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ