• 楽水庵とは??整体院院長紹介
  • 楽水庵の施術について
  • よくある質問
  • お客様の声パフォーマンスアップ例
  • アスリートの方へ
  • リンク集
  • NEWS&TOPICS
  • 楽水庵ブログ
  • 楽水庵を推薦していただいております
楽水庵 店舗概要

【住所】
〒617-0828
京都府長岡京市馬場2丁目6-8

【電話番号】
090-1902-9553
075-925-5951

【営業時間】
10時~12時 / 14時~16時
17時~19時 / 20時~22時
※完全予約制

HOME > 楽水庵ブログ

楽水庵ブログ

「この子は力を出す方法を知っていない・・・」、施術後に!!

こんにちは、楽水庵です。

先週に以前通っていた中学生と同じ野球チームの男子(3年)が坐骨神経痛から来る腰痛で来院しました。
体格的にもそれほど小さな訳ではないのですが、付いてきた母親が「腕相撲で私に負けるんですよ」と言うのでビックリ!
別に北斗 晶や吉田 沙保里みたいな母親ではないですよ(笑)、部活経験もないと言っておられたし。

普通部活をやっていたら中学1年辺りで親父に勝つはず。
私もそうでした。
うちの親父は魚屋でまあ肉体労働者でしたけど普通部活で鍛えていればそれぐらいで親父にも勝てるようになっていきます。
まあ、最近トレーニングで鍛えている親父連中も増えてきているみたいなので、一概にはそういえないかも(笑)
実際私も56のおっさんですが、レッグマジックを使った「パーフェクトプッシュアップ」をやらせたら大学の現役ボート部員よりもできちゃったぐらいですから(笑)

でもそんなに筋力があるはずもない母親になぜ負ける?
また、母親が「チームの指導者が『この子は力の出す方法を知っていない』と言っていました」と話してくれました。

力の出し方を知っていない?
違いますね、神経的に問題がなければ身体のバランスが良くないだけです!!
今の子達は足の形も悪いし、普段しゃがむ事もないしスマホの普及で首・肩の状態も良くありません。
もちろん、誰でもある就寝時のポジションで首のクセもあるし、第一「反り腰」の子も多くそういう子は仰向けで寝辛いのです(これについてはまた書こうと思っています)。

この子のポジションはショートなのですが、足の形が良くないので横に来た球を獲っても(翌日また新たにチームメイトが来院して、その子の父親がこの子はグラブ捌きは上手いと言っていました)足元が踏ん張れないのでしっかり投げられない、そして下半身が決まらないので肩を傷めます。
この悪循環が子供達のパフォーマンスを余計に下げていきます。
決して「気合」とか「やる気」だけで解決できる問題ではないのです。
翻って本当に少し筋道をつけてあげるだけで、発達途上ですから物凄く変化します。

その子ですが、2回目来た時に母親に腕相撲の結果を聞いたら「コテンパンに負けました」と嬉しそうに言っていました。
そらそうでしょう。
余程負けず嫌いで尚且つ体力自慢の母親でなければ中学3年の息子に勝つ事自体が変ですからね。

それと物凄く話すようになったとの事。
家でも良く話すようになったし、前述のチームメイトの父親も「今までそんな事なかったのに、この前向こうから話しかけてきたのでビックリした」と話していました。

今まで本当にしんどかったんでしょうね。
もちろん身体が楽になったのもあるでしょうが、私のように彼の状態をキッチリ理解してくれるものが見つかったので精神的に楽になったのもあるかと思います。

ですから、彼はまだまだポテンシャルが出せていないのでパフォーマンスが低かっただけで、ちょっと調整するだけでもっともっとパフォーマンスが上がります。
その状態でプレーする事により、また新たな世界が見えてくるでしょう。

しかし、「よく話すようになった」というのは意外でしたが・・・

楽水庵








バイクで転倒して左手首に痛み

こんにちは、楽水庵です。

この間のブログで書いた妊娠7ヶ月の女性のご主人ですが、2週間ほど前にバイクでちょっと転倒したそうです。
そのせいでマシになってきたとはいうものの、この2つの体勢で手に体などの重みが掛かると結構痛いとの事。

20170813okushima1.jpg20170813okushima2.jpg
この間の全中(全国中学選手権ボート大会)でも漕いでいる間に左手首がフェザー(手首を回す)すると痛いという女の子にテーピングしました(リンク)。
この時も首や肩甲骨の状態をチェックして、後斜角筋と小円筋にテーピングしただけでしたが大会期間中漕いでいても全く痛みは出なかったそうです(汗等で剥がれたのは貼り替えました)。

今回の男性も同様に後斜角筋と小円筋に問題がありました。
特に小円筋に問題があると広背筋に力が入り辛くなるので、余計に前腕の尺側(小指側)の力が入らなくなります。
手首の尺側に痛み等がある時には広背筋に問題がある事が多いのですが、最近その広背筋の機能低下は小円筋が関わっている事が判ってきました。
ですから、小円筋の状態を整えると広背筋の機能も正常になる事が結構あります。

ただ、今回に関してはこの2つの筋肉のアプローチだけでは足りませんでした。
小円筋のテストをする際に左手首を掴むとそれが痛いとの事。

では、何か?という事でこの辺りの状態を触診。
すると尺側手根伸筋に問題がありました。
そこで、こういう小さなπテープ2枚で尺側手根伸筋にアプローチ。

20170813okushima3.jpg

結果は良好で、貼付後に左手首を掴んでも痛みは出ませんでした。
もちろん上記の体勢で体重を掛けたりしても問題なし。

とかく手首の痛みというと、その周りにしか目が行きません。
しかし、首や肩甲骨周りにまでチェックがいくと、本当に少しのアプローチで痛みが取れます。
外的な要因に、元々その方の内包している問題が重なってこういう症状が出る事が多いからです。

楽水庵




妊娠7ヶ月の妊婦さんに対するテーピング

こんにちは、楽水庵です。

以前に妊婦さんに対するテーピングに関して少し書きました(リンク)。

妊娠前期のツワリに関しては、当院に来られている経産婦の方々に聞き取りしてみると頚椎の詰りがある方はツワリに凄く悩まされていていたようで、逆に首や肩は凝っているものの頚椎の詰りが見られない方はツワリが軽かったという傾向があります。

特に頚椎6-7番間の詰りがあると、カイロプラクティックでいうところの「ジンクパターン」で胸椎11-12番間が詰まってしまいます。
ちょうど胃の入口「噴門」の真後ろに当たるので、この詰りが胃の不快感を増長させているのではと考えられます。

さて、妊娠7ヶ月(第2子)の35歳女性に対するテーピングです。
2週間毎に来ていただいていたのですが、お子さんの入院、それに私の東北遠征などが重なってしまいほぼ1ヶ月ぶりでした。

主訴は足がダルイ、腰が重い、胃がスッキリしない、等。
この方については、妊娠前期のツワリがひどく、上に書いた頚椎6-7番間の詰りがありました。
それに対応している頚椎11-12番間にジェルフィッシュテープを貼りました。
このテープの目的は、この椎間板を直径15㎝の幅でターゲットの椎間板を中心として持ち上げる事です。
これによって椎間板に隙間ができ神経の流れが良くなり、筋肉の機能も正常化されます。

ちょうど前にある噴門周辺の動きが良くなるので、胃も楽になります。
もちろんこれでツワリが完璧に消える訳ではありませんが、かなり楽になるとの事です。

そして、画像でもう一つジェルフィッシュテープ(車輪のように貼っているテープ、人によっては「蓮」とも言いますが)は仙椎2-3番間に貼っています。
ここは腹筋関係に効かす目的で貼っており、ここの機能が正常化されると鼠蹊部がほぐれます。

余談ですが、よく「股関節が固い」と言われている人の中でこの仙椎2-3番間の詰りがある人が結構おられます。
先ほど書いたように、ここが詰まる事によって鼠蹊部の動きが阻害されているからです。

話をこの妊婦さんに戻すと、仙椎2-3番間のジェルフィッシュテープを貼る事によって鼠蹊部の固さをほぐすと、鼠径リンパ節の働きが正常化されます。
妊娠後期の「下肢の浮腫」に対するアプローチとしてもかなり効果的です。
もう一つの画像にある「膝窩筋」に対するテーピングで膝窩リンパ節の働きを良くするのと併用すれば、妊婦さんの下肢の浮腫はかなり防げると思います。

以前に妊婦さんの下肢浮腫に対するアプローチとしてスパイラル状にテーピングする方法を文献で読んだ事がありますが、そういった大層なテーピングをしなくてもこれで十分でしょう。

また、背中から腰に掛けての画像に戻ると、頚椎1番の傾きを腰椎5番で調整しているアジャストテープ(と私は勝手に呼んでいます)を貼っています。
これを貼ると仙椎5番の棘突起を押した時の痛みが消失します。

それに仙腸関節の動きを改善するテーピング。
これは私の方法では5つの方向があり、その5つを試してみて一番気持ち良く仙腸関節が動く(つまり仙骨が楽に動く)方向に貼っています。

最後に腰の真ん中に貼ってある大きなπテープ(真丸のテープ)は腹横筋という、4種類ある腹筋の一番インナーになる筋肉に効かすもので、特に妊娠後期にお腹が前にせり出す事によって起こる腹筋に対して非常に効果的です。
ただ、妊娠前期ではこの腹横筋にアプローチすると良くなく(気持ち悪くなった)、6ヶ月を過ぎてからアプローチすると良い具合になりました。

20170811tomoko1.jpg20170811tomoko2.jpg
時折、妊娠後期でせり出したお腹にテーピングする方法が紹介されていますが、この女性は特にそうなのかも知れませんがお腹に触られる事自体気持ち良くないし、まして妊娠後期で胎動があれば余計に気持ち悪くなってしまうのではないかと話されていました。
1日の内でもお腹の状態はかなり変わるので、私も妊娠中の女性へのお腹へのテーピングはあまりお奨めしません。
もちろん大丈夫な妊婦さんもおられるでしょうが、非常にデリケートな状態なので慎重にすべきだと感じます。

お腹がある程度突っ張るのは仕方ないとして、それよりも妊娠中の下肢浮腫・腰痛・胃の気持ち悪さ等を軽減させてあげられれば十分なのではないでしょうか。

何度も書きますが、本当にデリケートな状態なので「誰かがこう貼ったら楽になる」と書いていたからとお気楽にされるのもどうかと感じます。
お一人お一人状態が異なりますし、妊娠のどの段階化によっても異なります。
2週間前に良かった方法も次回ではNGになる事もあります。
こう書いては身も蓋もないですが、私のやり方がどうしても合わない妊婦さんもおられる可能性も十分あると書いておくのがフェアでしょうね。

楽水庵




急な痛みに対する食事等の注意、自分のギックリ腰から体感

こんにちは、楽水庵です。

何とか無事に遠征から戻ってこれました。
特に宮城県は行っている間涼しかったので、帰ってきてこの酷暑にヘコタレています(^_^;)

遠征の事もまだまだ書きたいのですが、今回はその直前に出来事。

ちょうど遠征に出る1週間前に琵琶湖へ出張に行って、足首の痛みのある女子選手に対し悪戦苦闘していた時です。
あまり一心不乱に長時間やっていたせいでしょうか、その直後から腰に「ズシン」と来ました(T_T)

「やばっ!」と帰って直ぐにセミナーがあり、弟子の一人に「長年やってきたラーメン屋の親父みたいな背中になっている」と言われましたっけ。。。
その彼に貼ってもらいましたが、まだまだ本調子には程遠い・・・
なかなか自分のきつい痛みには的確な判断ができないし、貼り方もアバウトになりますからね。

幸いな事に仰向けで寝たり起き上がったりするのは大丈夫でしたが、洗面や椅子から立ち上がった直後は結構痛かった。
ちょうど4年前にやった時も最初はこんな感じでした。
ただ、当時は「早く良くならなければ」という焦りから痛くても跳躍やウォーキングの運動を無理にやってしまって拗らせました。
完全に脊柱起立筋を傷めました(T_T)
本当に回復するのに3ヶ月ぐらい掛かりましたっけ。

今回は遠征を控えていてもちろん焦りもありましたが、「少しずつ良くしていこう」と開き直りました。

それと、前回は徹底できずにいた事がありました。
腰に響くような運動を控えるのも当然ですが、もう一つ「食事」です。
(それとは別に「入浴せずにシャワーで済ませる」というのがありますが、幸い《?》な事に拙宅はシャワーのみなので・・・)

「痛みの急性期には乳製品・小麦粉・獣肉を避ける」、これをできるだけ実践しました。
これらの食品は『身体を作る』、言ってみれば『血を濃くする』ものでしょう。
だから、急性の痛みの場合血を濃くする食品を摂ると、なかなか痛みが引きません。

タイミングが良いというか、ちょうど通信販売でフリーズドライの雑炊を注文していたこともあり、雑炊を中心にして普通の食事でも鯖(缶詰の場合も)とうの青魚や野菜中心にしました。

すると、腰の違和感や少し体を動かした時に響くのはあったものの、痛みの感覚が「薄く」なっていきました。
逆に1日だけ肉を食べレッグマジックで腰を回すような運動をした日がありましたが、その後やはり痛くなりました。
やっぱり急性期では避けるべきだったと反省しています。

そんなこんなで遠征初日福井県美浜へ行った時も腰に問題は起こらず、ちょっとした違和感が残っていましたがお連れさんにテーピングしてもらってほぼ完璧になりました。

お蔭で、福井~福島喜多方~宮城登米~東京という8日間2,300㎞走破というハードな遠征を無事こなす事ができました。

大学のボート部のように合宿生活を送っていると、急性の痛みが出ても他の学生達と同じ食事を摂ってしまいますが、急性の痛みがある場合は考えるべきでしょうね。

楽水庵


暇なのも嫌だが忙し過ぎるのも・・・そして最後に(^_^;) IHボート初日

こんにちは、楽水庵です。

院を休ませてもらって宮城県登米市に来ております。
ここで今日3日から始まったインターハイボート競技のサポートです。
私自身は明日までやって残り2日は仲間に交代し、今度は東京に向かいます。

naganuma1.jpgnaganuma2.jpg昨日からボチボチやりだしていました。
今日は7時過ぎから現地で準備し、さてどうなるか期待と不安が入り混じっていました。
というのも、折角自腹でここまで来ているのに暇過ぎるのも嫌ですからね(笑)

ふたを開けてみれば・・・
かなり忙しかったですね(^_^;)
昼食を摂っている以外はずっとやっている感じでした。

高校選抜や中日本レガッタでいつも来てくれている美方高校のメンバーやその他顔馴染みになったチーム、それに今回初めての選手達も多くテーピングを受けに来てくれました。

naganuma3.jpgnaganuma4.jpg
それと前日から来てくれた選手達も全員来てくれ、やはり私達のサポートは役に立っていると実感した次第です。
本当に宮城まで来て良かったと感じました。

ただ、忙し過ぎて最後は少し嫌になりかけてましたけど(^_^;)
最後の方で、地元選手の母親が肩こりで受けに来られ、それでまた選手達を呼び寄せたのでフラフラになりかけました。

そこへ、少し前に右肋骨の痛みで来た男子が急に左膝裏に鈍い痛みが出たと言ってきました。
え、そんなんで坐骨神経痛が出る?とこちらも頭が回転せずに変な方向で考え出してしまい、なかなか痛みを軽減する事ができませんでした。

焦る焦る(T_T)
そこで開き直って一から立て直し、いろいろとアプローチしているものの結果が出ない.・・・
う~ん、一体何なんだと悩んでいた時、その彼が「何か痛みはかなり奥からしている感じなんです」とヒントをくれました。

やっとそこで判りました。
ああ、これは前十字靭帯損傷なんだと。
肋骨のテーピングをした直後にその痛みが出たので関連があるのかと疑いましたが、たまたまだったんですね。

それでも前十字靭帯なんですが、案外整形外科テスト(引き出しテスト)をしても陽性にならないものです。
しかし、前十字靭帯テープを貼ったところ、痛みが物凄く軽くなりました。
本当にホッとしましたね。

明日も多くの選手が来てくれると思うので頑張ります。

楽水庵



全中2日目、結果OK(*^。^*)

こんにちは、楽水庵です。

7月30日に福井県美浜町で行われた全中(全国中学生選手権競漕大会)2日目もサポートしました。

初日のテントの位置がもう一つだったので、主催者サイドにお願いして大会本部近くのテントに引っ越させてもらいました。
中学生の大会だと、選手はもちろんですが大会役員の方々にもテーピングの効果を実感してもらう必要もあるからです。
現に中日本レガッタでは役員の方々の多くにテーピングをさせてもらっているお蔭で、凄くご理解をしていただいています。
初日の夕食で全中の会長さんと一緒になり、膝の痛みや下腿部の浮腫で悩んでおられるのを聞いたので、やはり中学生だけでなく大人、特に役員の方々もやろうということで引っ越しました。
結果、他の役員の方にも効果を実感していただけました。

また、会長にテーピングしている時に同じ県の中学生男子、彼は準決勝で敗退したのですが今後の課題点を認識する為にチェック及び調整をしてみるかと提案したら喜んで応じてくれました。
なんでもスタートで左右の出力差が大きく、それでバランスを崩してしまったとの事。
その原因は何か?とチェックしたらフィジカルで左右差が大きかったのです。
これをスキルの問題で片づけると、結局セーブして漕がなければいけなくなります。
そうではなくフルパワーを掛けても左右差が出ないように調整していく事も大事なのです。

20170730zencyuu2.jpg


初日に来てくれた新潟の女子ダブルの子達も貼り直し等で来てくれ、順位決定戦で圧勝してくれました。
嬉しい事にレース中に痛くなっていた右手首が、今大会全く痛くならなかったそうです。
またその相方の子も、彼女は腰椎を2箇所疲労骨折したのでしたが、私の相方が貼ったテーピングのお蔭で腰が痛くならなかったとの事です。

20170730zencyuu1.jpg

この前のブログでも書いていますが、後斜角筋と小円筋にしかアプローチしていません。
それでも手首の痛みが出なくなる事もあるので、同じような痛みを抱えて手首にサポーターとかをしても症状があまり改善しない方は一度
別の処をチェックした方が良いと考えます。


昔からの知り合いの元(って当たり前か、いいおっさんになってますからね)インターハイチャンピオンも中学生の息子さんの応援に来た折にブースに寄ってくれました。

20170730zencyuu3.jpg

旧交を温めるのも、新しい出会いもどちらも大事ですね。

楽水庵




全中初日に来た右手首の痛い女子選手

こんにちは、楽水庵です。

院を休ませていただいて8日間の遠征に出ています。

その為のポスターも作りました(笑)

oarsman_poster.jpg

まず初日は、福井県美浜町で開催されている全中(全国中学生選手権競漕大会)のサポートです。
2日目も同様に全中をサポートします。

kugushiko1.jpgkugushiko2.jpg
といいながら・・・
初日は開店休業状態(T_T)
2日目はちょっと切り口を変えようかなと思案中。
また報告します。

それでも、早朝早速来てくれた女子選手がいました。
なんでも右手首がフェザーしたら痛い、漕いでいると段々と痛くなるとの事。
結構ボート選手でこういう症状の人は多いようです。

痛いのはどちらかというと小指側(尺側)。
それと、常に痛いのなら別ですが普段は大丈夫で漕いでいる間だけ痛いので、手首自体の問題ではないと判断。
先ほども書きましたが尺側なので、小指のテストをすると右は反応できず。
こういった場合、後斜角筋の機能低下が考えられるのでチェックするとやはり陽性。

加えて、広背筋のテストをするとこれも陽性だったのですが、これは小円筋の絡みがあるので一旦保留。
次に小円筋をチェックすると陽性だったので、小円筋にアプローチ。
小円筋の機能回復を確かめてから再度広背筋をテストすると正常になっていました。

一応調整はここまでで、その後レースで確認してからという事にしました。
その後また同じチームの子が来たので一緒にその子も来ましたが、レース中大丈夫だったようです。

一概に「手首が痛い」といっても原因は様々です。
単に手首周辺をチェックするだけでなく、いろんな可能性を考慮する必要があると思います。

楽水庵


口が開きにくい・開くと痛い側で必ず詰まっている処

こんにちは、楽水庵です。

口を開くと顎が痛い、口が開き難い方で必ずと言っていいほど詰まっている処があります。
ちょうど「エラ」に当たる処で、筋肉で言えば「顎二腹筋」です。
顎二腹筋はそこから頤(おとがい)に掛けて走っている筋肉ですが、そこの辺り全体も張りや硬結がみられます。

ここをリリースで緩めなければ顎はあまり改善しません。
側頭筋が緩まないからです。
側頭筋は口を開く為に大事な筋肉です。
また、下顎骨と側頭骨は靭帯で繋がれています。
この靭帯が筋肉の硬直により(筋肉とは逆に)弛んでしまいます。

ですから、靭帯と筋肉の状態を改善させる為にも顎二腹筋へのアプローチは必須です。

では、どうすれば顎二腹筋は緩むのか?
鰓の詰まっている箇所をアクティベーターで打ったりもしますが、顎二腹筋の張りが非常に強い場合はまず「舌骨」の動きを良くする必要があると感じます。
これは「卵が先か、鶏が先か」みたいなとこですが、私見としてはまず舌骨でしょう。

もちろん、結果として改善して楽になってもらえればそれで良いのです。
ただ、「顎が痛い・口が開きにくい」といっても皆さん同じアプローチで必ず同じ結果が出る訳でもなく、それでもより良いアプローチはと探していくと現時点ではこうかなと感じています。

試行錯誤はまだまだ続くでしょう。


楽水庵




右利きの人の左小円筋の筋低下、何故?

こんにちは、楽水庵です。

上腕と肩甲骨を繋いでいる筋肉の一つに『小円筋(しょうえんきん)』があります。
本当に小さな筋肉ですが、この筋肉が機能低下すると結構大変です。

筋膜的な繋がりからか広背筋も力が出なくなりますし、頚板状筋という頸椎・胸椎を繋いでいる筋肉も機能低下して肩こりの原因となります。

最近私自身歯が折れて(まあ、元々虫歯で弱い歯でしたが)その治療中(今も続行中)に根まで削ってもらった時に物凄い痛みが出ました。
菌や膿を歯茎から追い出そうとする「好転反応」らしいのですが、かなり痛かったですね。
その痛みの為か首の筋肉が張って少し寝違いのような症状になりました。
首を反ると右肩甲骨の辺りに痛みが出ていました。
いろいろと試してみてもまだ一つ解決しなかったのですが、小円筋を貼ってから「ピタッ」となくなりました。
小円筋が肩甲下筋や棘下筋の動きを邪魔していたようです。

さて、この小円筋についてもう少し書きます。
野球やテニスの選手などは利き腕の肩甲上腕靭帯を傷めている事が多々あります。
投手で「肘を傷めて」手術する方も多いようですが、そもそも本当に肘だけ傷めていたのでしょうか?

私は違うと思います。
元々は肩、それも肩甲上腕靭帯を傷めているのだと思います。
ここを傷めると胸の筋肉と腕の筋肉の「リンクが切れて」しまいます。
だから腕の様々な動きの際に胸の筋肉が連動しない。
特に投球におけるフォロー・スルーはイメージとしては胸でやるものです。
で、このリンクが切れる事によって所謂「手投げ」になって肘を傷めている事が多いのではないでしょうか。

少し話が脱線気味でしたが、この肩甲上腕靭帯が弛んでいるほとんどのケースで小円筋も傷めています。
以前の私はそれになかなか気が付きませんでしたが、最近では肩甲上腕靭帯と小円筋をセットでやっています。
こうしてから肩を傷めておられる皆さんの回復が凄く良くなられました。

やっと本題ですが、今度は反対に利き腕の反対側にある小円筋を傷めておられる方も結構おられます。
「何が原因?」と最近まで不思議に思っていましたが、やっと判りました。
この症状の方々はそのほとんどが事務系のお仕事をされています。
という事は、パソコンを前にしていて利き手はマウスとかで頻繁に動かしますが、反対側の腕はほとんど固まったままです。
加えて上腕は少し内旋気味になります。
結局これで小円筋のオーバーストレッチになっているようです。
時々上腕を外旋させる運動をされる事をお奨めします。

楽水庵






お腹の形が頻繁に変わるから・・・妊婦さんの腰痛

こんにちは、楽水庵です。

常連の、第2子妊娠中の30代女性。
妊娠6ヶ月が過ぎ、お腹の形がやはり頻繁に変わるようです。
それによってテーピングも変えていく必要があります。

この方と初めて会ったのが第1子妊娠中、確か7カ月を過ぎていた頃だったかと記憶しています。
やはり妊娠でお腹が張ってきて腰痛を訴えておられたので腹横筋に貼りました。
凄く効いたようです。

ただ、今回は妊娠初期から付き合っているのですが、つい最近まで腹横筋にアプローチすると嫌な感じがしたそうで避けていました。
しかし、ドンドン前にお腹が出てくる頃になるとやはり腹横筋に効かすと楽だそうです。

本当にその時に応じてアプローチの仕方は常に変わっていきます。
大事なのは、ちゃんとチェックしてその時にどういうやり方が一番良いか確認する事です。

翻ってスポーツ障害なども正に同じ事が言えます。
どうも当院に来られている皆さんの話を聞いていると、一度初心でそこの院長とかが診て、次回以降はその初心の診立てでスタッフが施術していくようですが、人の身体は刻々と変わっていきます。
その施術で変化がどこかに現れる筈ですから、その変化をチェックしながらより良い状態になってもらうように努めるのが我々の仕事だと感じます。

楽水庵

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ