月別 アーカイブ

HOME > 楽水庵ブログ > 2ページ目

楽水庵ブログ 2ページ目

「膝を先にやるべし」

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 「アゴ・首・スポーツ障害」楽水庵です。

私が見つけ実践している「C3パターン」では、C3神経の詰まっている側の反対、つまり左のC3神経が詰まっているなら右の大腿直筋の機能が低下する為にどうしても右膝を傷めやすいので要チェック、という方程式みたいなものがあります。
大腿直筋の機能低下は、この筋肉が膝蓋骨の下まで繋がっている為に半月板や前十字靭帯に影響を及ぼしやすいのです。

半月板や前十字靭帯を傷めると膝の横を走っている内外の「側副靭帯」も損傷します。
前十字靭帯の場合は法則みたいなものをまだ見つけていませんが、半月板なら内側を損傷している場合は外側側副靱帯を、外側なら内側側副靱帯を、という法則がありそうです。
内側の半月板を損傷し不安定になっていると外側側副靭帯が内側に引っ張られて結果弛んでしまう、というのが答えなのかなと判断しています。




そして、今回問題にしているのはこの膝の側副靭帯が弛んでいる事が「起き上がり」に非常に関わりがある点です。
よく私がやるテストに「リンダーテスト」という仰向けになってもらって、検者(つまり私)が上半身を起こすというものがあります。

このテストから非常にいろんなものが見えてきます。
腰や背中のどこか動きを阻害しているものがないかとかやればやるほど判ってきます。
腰痛とかの原因もこれだけで判る事が多々あります。

仰向けで上半身を起こすのですから、その際身体の前側の筋肉は縮んでくれないとスムーズに起き上がりません。
大腿部でいうと、それこそ先に書いた大腿直筋が収縮してくれないと起き上がりのスムーズさに欠けるのです。

大腿直筋は膝関節を伸展させる筋肉です。
そして膝の側副靭帯は膝関節の伸展(伸ばす)に影響しています。
つまり、膝の側副靭帯が不安定なら大腿直筋が十分に機能していないのです。

そういう訳で、膝の側副靭帯が弛んでいるとリンダーテストに影響を及ぼします。
翻って起床時とかに腰の動きが重くなる事も想像に難くありません。

そこで最近は施術の最初に膝をチェックするようにしています。
前十字靭帯や半月板に問題があるのも直ぐに見つかりますが、それは一旦置いておいて膝の側副靭帯の弛みがあればそれだけ先ずテーピングします。

その前後にリンダーテストをして違いを感じてもらいます。
ほとんどの方が膝の側副靭帯の弛みをロックしただけで起き上がりがロック前より容易になっているのを実感されます。

それから他の症状があるのなら、更にその原因を探していきます。
それを探すのを邪魔しているものが膝の側副靭帯の弛みなのです。
ですから『イの一番』にまずこの要因を解消する必要があると私は考えています。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります


楽水庵




 

膝上の、椅子から立ち上がる際の『チクッ』とした痛みには

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 「アゴ・首・スポーツ障害」楽水庵です。

先ほど私にあった左膝の痛みです。

歩いている時とかは大丈夫なのですが、椅子から立ち上がったりした際に「チクッ』とした痛みがありました。
本当に立ち上がる時だけです。

私は右C3神経が詰まるタイプで、どうしても左大腿直筋の機能が低下しやすいのですが、この痛みの原因はどうもそうではなさそう。

そこで、下の画像にある左大腿部の「外側大腿筋間中隔(がいそくだいたいきんかんちゅうかく」という、簡単に言うと筋肉と筋肉の隙間を触ってみるとかなり固くなっていたので、スリットテープを貼ってみました。



この隙間が固くなって隙間が狭くなっていて、特に座っている時は大腿直筋が伸ばされていて立ち上がる際収縮しようとするのを邪魔して痛みが出たのでしょう。
テーピングしてから立ち上がる際の痛みは出ません。


上腕部でも「外側上腕筋間中隔」という上腕二頭筋と三頭筋の隙間によくアプローチしますが、大腿部でもそれと同じ事があります。


全身は浅筋膜で、いわば「全身網タイツ」状に覆われています。
この全身網タイツのどこか動きの悪い箇所が出ると他の処にも影響が出ます。
それを解消していくと、主訴の部分の痛みが解決する事も多いのです。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵

 

大学ボート部に講習していて感じた事その2、特に女子選手の足首

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 「アゴ・首・スポーツ障害」楽水庵です。

前回は肩について書きました。
今回は案外、というかほとんど見落とされている足首についてです。

男子の場合過去に明らかに捻挫した経験がある場合に足関節靭帯の弛みが認められます。
しかし、女子の場合はそういう覚えもないのに足首がグラグラ、という選手が結構います。

そういう選手は直立してもらっても、足関節が弛んでいる方に体重を掛けにくいのが無意識に判っていて、必然的に反対側の足に体重のほとんどを掛けています。


何故こういう症状があるかというと、「やはり普段の立ち方」が一番の原因でしょう。
女性は立っている時に足をクロスさせたりする事が結構あります。
またそのクロスして前に出した足を思いっ切り外反させて立ったりしますね。
ちょうど下の画像のように。



この画像の子はまだ年少ですが、女性はこの年頃からこういう癖を持っている事があり、それを長年続けていると知らず知らずのうちに前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい。足首の一番重要な靭帯)等が弛んでしまうのです。

その状態でハードなスポーツをするとバランスが崩れるのは自明の理です。
肩幅ぐらいのスタンスで直立してみて左右の体重の乗りがかなり違うと感じられたら、一度内踝(くるぶし)と外踝の中央を結ぶ水平線を触ってみてください。
体重が乗れていない側の方が、乗れている側よりも触って何か違和感がある可能性が高いです。
その場合ほとんどのケースで前距腓靭帯等が弛んでいます。

できるだけ普段からそういう癖を自重して、テーピングで靭帯の弛みをロックさせておくと徐々に良くなっていきます。
キネシオテープを適切に貼ると、靭帯の弛みだけロックして周辺の筋肉の動きを最大限使えるようにします。
結果的に周辺の血流が増え、それが靭帯組織の速やかな修復を促す期待が持てます。



*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵




 

肩関節・股関節の痛みや可動域の問題に

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 「アゴ・首・スポーツ障害専門院」楽水庵です。

この間の私のギックリ腰もそうでしたが(リンク)身体というのは筋膜や神経の繋がりで思いもよらぬ箇所をアプローチした方が、主訴の解決になるという事が多々あります。

特に肩関節や股関節に関しては、末端部分の不具合で痛みや可動域の制限になる可能性が本当に多いのです。
てこの原理で、中枢から遠いところほどちょっとした動きの悪さが中枢近くの動きを阻害しているのです。

先日もソフトテニスをされている女性が、「右肩(利き腕)を外旋すると痛い」と訴えておられました。
これは少し恥ずかしい話なのですが、いろいろアプローチをしたものの、そのどれもが「帯に短し襷に長し」状態でした。
皮膚・筋膜を誘導してやってみても、「表側の痛みは消えるが今度は背面の痛みが出る」、もしくはその逆という状況で残念ながらタイムアップになりました。

するとその女性がトイレに行った際に自分の前腕の皮膚を試しに誘導された処、「これは楽」と。

ヤヤコシイ話なのですが、その女性は右拳を握った際に人差し指が確り曲がらないという事で、前腕の「短橈側手根伸筋」に対してのテーピングをいつもしていました。
この筋肉は指を反らす方の筋肉なのですが、状態が良くないと指を曲げるのを邪魔します。
それでしっかり人差し指が曲がるようになるからです。

ところが、先ほどの「これは楽」というラインを追っていくと、「短橈側」ではなく「長橈側手根伸筋」。
この2つの違いは、停止(終点地点)の位置が、手の甲の真ん中ぐらいの、中指の延長上にあるか、人差し指と中指の間になるか、位の差しかないほとんど同じラインを走行している筋肉なのです。

それなのに、最初の方で短橈側手根伸筋を貼っても肩の痛みは全く解消しなかったのに、長橈側手根伸筋を貼るとほぼ解消しました。

本当に難しいですね、また勉強になりました。


このケース以外でも、肩関節(首も含む)や股関節に関しては、末端の小さな筋肉の機能低下で動きが全く変わります。

よくあるパターンが、肩関節に関しては手首の内側にある「方形回内筋」という小さな筋肉(下の画像)、股関節に関しては、「長母趾屈筋」という母趾(親指)を曲げる筋肉です。



本当に小さな筋肉ですが、これらの機能を回復させるとかなりの変化が期待できますね。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵

 

ビーチバレーボール選手のふくらはぎ痛の原因は一つに・・・

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

9月の10日・11日と福井県小浜市で国体ビーチバレーボールのサポートに行ってきたのは前に書きました(リンク)。

その時に結構ふくらはぎの痛みを訴える選手が数名救護所に来られましたが、その原因は「リスフラン靭帯」でした。
平たく言うと足の指(足趾)の骨を繋いでいる靭帯です。

リスフラン靭帯は足の甲にあります。
なのに何故ふくらはぎに痛みが出るのでしょう?

それは、リスフラン靭帯に弛みがでてしまうと「足底筋」と「後脛骨筋」というふくらはぎのインナーマッスルの機能が低下してしまうからです。
その為ふくらはぎの動きが悪くなり、結果痛みを感じてしまうのです。

また、リスフラン靭帯を損傷すると足関節の「背屈障害」、つまり足首が反れない状態になります。
リスフランをやっているかどうか判断する基準として私は「足首が反れるかどうか」を重要視します。
背屈障害が無ければ、また別の原因を探る事もあります。


もちろんボート選手とかでもリスフランを傷めている選手も多いですが、ビーチバレーの選手がリスフランを傷める原因の一つとして彼ら・彼女らの履物があると考えられます。

文字通り「ビーチ」でやるスポーツなので流石にクロックスを履いている選手は見かけませんでした。
クロックスを履いて「後ろ荷重」でビーチは歩けませんからね。
もちろん普通のシューズだとシューズ内に砂が入ってしまいます。

必然的に町で最近見掛けなくなった「ビーチサンダル」をほとんどの選手が履いていました。
それはそれで良いのですが、ただあの鼻緒に当たる部分がちょうどリスフランに被ってしまうのです。
靭帯というのも皮膚のちょっとした刺激で状態が悪化する事も多いのです。
ボート選手のリスフラン靭帯損傷のほとんどが艇のストレッチャーに装着しているシューズとの「相性」だと私は見ています。

あくまで想像ですが、どうもそれが正解の気がします。

蛇足ですが、リスフランに対するテーピング等のアプローチで「足底筋」の機能は回復しますが「後脛骨筋」は回復しません。
よって「後脛骨筋」に対しては更にテーピング等をする必要があります。



画像だと親指(母趾)と人差し指(2趾)の延長の中間に貼っている、向かっていちばん右のテープがリスフラン用です。


*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵

 

 

ギックリ腰で大遠征に、戸田~水戸~会津 その解決策

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

一昨日の昼に会津から戻ってきました。
今回は先ず21日に戸田で施術及び東工大・法政大ボート部のメンバーと勉強会<第1回>、
22日に水戸へ移動し、茨城大ボート部で講習会、
そしてそのまま猪苗代のホテルに移動し、23日に福島県会津(厳密には喜多方市内)で講習会、
という結構ハードな日程でした。

ところが、今月のインカレや翌週琵琶湖で開催された「全国市町村交流レガッタ」で多忙だったせいかその頃から少し腰にストレスが来ていました。



ブースをやっていると通常よりも多くの人に施術をしてそれだけ前屈みの姿勢を摂っている時間が長くなります。

そんな中先週水曜日に早朝エクササイズで久しぶりの種目をやったら、それが裏目に出て腰に凄くダメージが来ました。

これはヤバい!翌日夜には戸田へ出発しなければいけないのに。
という訳でいろいろテーピングをしましたが、まだ痛い。
オマケに木曜の昼間に少しぐらい大丈夫だろうと腰を回したりしたら、痛みがひどくなりました。

言い訳がましいですが、ひどい痛みになると主観が入ったり変に知識がある為に迷いが出てしまいます。
背中・腰へのテーピングも、自分で貼るので不正確ですし。

その状態で夜戸田に向け出発。
運転中はそれほどでもなかったのですが、休憩で車を降りて歩いたりしたら腰に響きました。
本当に泣きを入れて引き返そうかなと思ったくらいです。

いつもは足柄SAの温泉で仮眠・入浴して早朝出発するのですが、今回このようなギックリ腰で入浴はできません。
動くと腰に響くので動きも遅くなるので、行けるとこまで行こうと川崎市の港北PAまで行って車中泊しました。

その間に運転しながら、「ひょっとして左の胸鎖乳突筋と右前斜角筋にテーピングしてみたら?」と思い付きました。
皮膚・筋膜を誘導してみたら確かに楽になりそう。
そこで寝る前にその2箇所にテーピングしてみました。


3時間ほど車で寝てトイレで起き上がったところ、予想を上回る効果がありスッと動けました。
それよりも膀胱の方がヤバかったですね(笑)

そのまま戸田に行って上記の予定をこなしても若干左腰に違和感がある程度で支障はありませんでした。

大事を取って21日はエクササイズはしませんでしたが、翌日の朝からいつも通りエアー縄跳びや四股を再開。

それ以降は順調に水戸・会津での仕事を順調にこなせました。





会津での仕事が長引き、北陸道の冨山付近で車中泊して翌朝敦賀ジャンクションで北陸道を下りました。
そのまま湖西経由で帰る途中にお茶でも飲ませてもらって休憩しようとボート時代の大先輩の家に寄ったら、孫を抱き過ぎて1週間前から腰痛がひどいとの事。
「ちょうどええとこに来た、腰やってくれ」と言われ、休憩のつもりがまたお仕事になりました。

この先輩も施術していて後もう一押しが欲しいというところで胸鎖乳突筋にテーピングしたら、状態が一段と良くなりました。



その後お茶していて、「水谷君、大丈夫?疲れてない?」と夫婦揃って気遣ってくれましたが、あんた達が疲れさせたんですわ(笑)

それ以降、C3の反対側の腰の不具合には胸鎖乳突筋を結構貼るようにしています。
やはり貼ると腰がしっかりします。
胸鎖乳突筋を調整すると、同側の大腿直筋だけではなく大殿筋の機能も回復してくれると感じています。


特にひどいぎっくり腰の方は身体を動かすのが大層なので、まずこういうところからアプローチしてあげようと思っています。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵

ボート選手とビーチバレーボール選手、スポーツ障害の共通点

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

9月6日から9日まで埼玉県戸田ボートコースで開催されたインカレ(全日本大学ボート選手権)でコンディショニングブースをしてきました。
















その後福井県小浜市に直行して、国体ビーチバレーボール競技の救護班でテーピング担当をしてきました。

















一見異なる競技ですが、私が施術した選手達にかなりの共通点が見られました。

まず・腰椎・仙椎の神経が詰まっている点です。
特に仙椎の神経が詰まると腹圧が入りにくいので、腹筋が硬直して腰が反ってしまうのです。
その為に仰向けで寝ると「反り腰」になる選手が多い。

もちろん反り腰に対するアプローチ、主に仙椎・腰椎の神経の通りを良くするテーピングをします。
しかし、これは今の私の考えでは「対処療法」にしか過ぎないと思っています。

反り腰になる、腰椎・仙椎の神経が詰まるのは、なにか腰に大きなストレスが掛かってしまうという事です。
それが大腰筋・腸骨筋、所謂「腸腰筋」の機能低下から起こっていると思われます。

ボート選手の場合、腸腰筋が機能低下するとシートが前に出せません。
その分大きく漕ごうとすると状態を突っ込んでしまいます。
すると、ドライブに入った際に本来なら使わなくても良い、というより単なる姿勢保持筋であるべき「脊柱起立筋」を必要以上に酷使してしまうと考えられます。


ビーチバレーボールも同様の事が考えられます。

インドアバレーに比べ足元が柔らかいので跳ぶ際に必要以上に上体を被せて(前傾させて)いるのではと思われます。
床がしっかりしているインドアだと足関節・膝関節のバネでも跳べますが、ビーチバレーだと股関節でしっかり踏ん張らないと跳べないようです。
頼まれて急遽インドアからビーチバレーに出た選手は、ビーチ頚筋が長い選手に比べ跳び方を含めた動きが違うと、公式レェフリーの方も話されていました。

インドアもそうなのでしょうが、ビーチバレーの選手は更に腸腰筋の使い方が大事でしょう。
もちろん、ボート選手もです。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵





 

国体ビーチバレーボール競技のサポートに行きます

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

あるご縁で9月9日~11日に福井県小浜市若狭の「鯉川シーサイドパーク」で開催される「福井国体ビーチバレーボール競技」のサポートをさせていただく事になりました。
私はインカレボート競技でブースをする為に9日はお連れさんにお願いし、10日・11日に行かせてもらいます。




ご縁は昨年夏に福井県美浜町で開催された「全中」全国中学生ボート選手権でありました。
この全中は福井国体のリハーサル大会を兼ねていました。

そこに今回ご縁のできた小浜市を含めいろんな国体各種競技が行われる市町村の担当の皆さんが視察に来られていました。
確かに小浜市の方々が私達のブースに来られ名刺を渡したのは覚えています。

加えて日本ビーチバレーボール連盟から救護班にテーピングができるスタッフの要望があったとかで、私達に打診が来ました。
それも正式スタッフとして。

愚痴はここではあまり書きたくないですが、インターハイでは2年連続で救護としてではなく「売店」としてやらざるを得ない状況だったので、この扱いは大変ありがたい事です。

加えてギャラは発生しないものの、交通費・宿泊日は全額出してもらいます。
もう一度インターハイでの愚痴を書きますが、「売店」扱いになるのでテント代(昨年は私が全額出しました。今回はキネシオテーピング協会東海支部が出しました)を払わされたのとは上下全然違います。

ビーチバレーボール競技のサポートは初めてですが、以前当院に通われていた女性がビーチもされていてお聴きしたところ、インドアに比べ衝撃は少ないものの砂浜で踏ん張らなければいけないので股関節等には負担が強いのでは、というアドバイスをいただきました。
確かにネット画像をチェックしていたら、確かにそういうところにテーピングしている選手が多いですね。

精一杯出場選手に良いプレーをしていただけるよう頑張る所存です。
加えて、インターハイ等でいつもブースに寄ってくれるM方高校の選手達に、時間が合えば帰りによってケアしてあげたいですね。


楽水庵

 

乱視がほとんどなくなった!首?

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

これも全くエビデンスのない話で申し訳ありませんm(__)m
ただ興味深い話なのでアップさせてもらいます。

私は小学生半ばから近視で乱視も結構ひどく眼鏡では視力補正が厳しいので、ずっとハードコンタクトレンズを使用していました。
ハードレンズだと乱視がかなり矯正できますので。
それでも夜疲れた状態で運転していると、街灯がダブって見えたりしていました。


それが最近遠征が多く、夜遅くまでコンタクトを着けたままでは眼に良くないので、コンタクトを外し眼鏡で運転しています。
眼鏡も主に読書を目的としたコンタクトよりも少し度を弱めたものなので、昼間はともかく夜に運転するのは最初不安でした。

ところが案外大丈夫でした。
コンタクトに比べて特別見辛いという事もなくスムーズに運転できています。


そうした中、3ヶ月に一度行っている定期検診にこの間行ってきました。
ハードコンタクトのクリーナー等の購入も兼ねてです。
こういう用品は1年分纏めて買えますが、そうすると定期検診になかなか行きません。
この歳になってくると眼には結構神経質になるので、用品も3ヶ月分にしておいてそのサイクルで定期検診にここ数年行くようにしています。

そうすると、着けていたハードレンズが流石にもう限界でこれ以上装着するのはお奨めできないので作り直しましょうという事になりました。
眼鏡もセール中でフレーム・レンズ共に割引中だったので、一昨年に作ったのがフレーム・レンズ共にやばくなってきていたので作り直してもらったところでした。
少し散財になり辛かったのですが、眼に必要以上の負担を掛けられないのでコンタクトも作り直す事にしました。

その際に最近戸田とかの遠征が多いので、ハードレンズだと何かと大変なので使い捨てレンズ(ソフト)が良いと判断。
以前カヌーに乗る時だけ使い捨てレンズを使っていて着けるのに手こずっていた事があり少し不安でしたが、テスト用を着けている時にスタッフの方にアドバイスをもらったら結構容易に着けられるのが判り安心しました。

それでもう一度補正視力のチェックをしたのですが、その時に意外な事が判明。
依然強かった乱視がほとんどなくなっていたのです。
左に少し残っていたので一応乱視用のレンズにする事になりましたが、それも極めて弱い乱視との事。
2年前に眼鏡を作る際には右に乱視用を入れましたが、それは必要なくなりました。


その事で眼鏡を作り直す際に、「前のと同じ度で良い」と言ってしましましたが、それでは具合悪いだろうともう一度検査をし直しました。
レンズに在庫がなく取り寄せだったのでラッキーだったかも。

正直眼鏡で最近ハッキリ見えるようになったのでコンタクトは必要なくなったので眼鏡オンリーでも良いぐらいなのですが、眼鏡無しだと開放感があるのでこれからは体調やスケジュールでどちらにするか決めようと思っています。

後気付いたのは、使い捨てレンズを使っていると「目ヤニ」があまり出ないという事。
毎日新しいレンズを付けるのでアレルギーが出にくいようです。


長々と書いていますが(笑)、さて本題です。
向こうのスタッフによると、乱視が勝手に改善するというのはかなり珍しいとの事。

では、どうしてなのでしょうか?

最近毎朝四股を踏んでいます。
今週になって160回踏めるようになりました。
通っておられる方によると四股を踏んで乱視が軽くなった人がいると聞いたとの事。

四股の影響もあるのでしょうが、私自身が一番感じるのが『首が楽になっている』、これが一番の要因ではないでしょうか。
20代の頃少しの間鍼に通っていた事がありますが、その時にかなり首の張りが強いと指摘された事がありました。

それが現職に転職し、それもここ最近C3テープの効果を発見し、もちろん施術にも使っていますが自分自身にも常に貼っています。
散髪等で剥がした後も必ず貼り直すようにしています。

そうすると、確かに楽です。
ただし、「いきなり楽になった」というより「自然に楽」なのです。

それが眼にも好影響を与えている可能性があります。
特に私は右C3が詰まっているので、右乱視が改善されたのかも知れませんね。

首の張りと乱視、この関連性がデータとしてあるのかどうかは判りません。
試させてくれるところがあればやってみたいですね。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。


楽水庵


 

名古屋で大学ボート部に講習して感じた事 その1、肩編

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

先日(8月24日)に名古屋に行き某大学ボート部にテーピング等の講習をしてきました。



講習の主眼は、『整え鍛え、更に鍛え整える』という正の連鎖をしていく事。
そうすればもっと上のステージが見えてくる、その為には普段から自分の状態・バランスを確認する。
自身だけでチェックするのは難しいだろうから、常に決まった人とアップやクールダウンして相互チェックを勧めておきました。

皆さん錯覚されているかも知れませんが、トップアスリートだからといって皆バランスが良いとは限りません。
それでも強いのは、「ポテンシャルが高い」からです。
それをポテンシャルが低い選手が同じ事をしても強くなる訳がないのです。
ポテンシャルが低いのなら、まずバランスを整えて質の高い練習・トレーニングができるようになる必要があります。

えてして、皆さん練習・トレーニングに「質よりも量」に重きをなす傾向があります。
しかし、質を伴わず量だけを追い求めていくと、得られる効果はほとんど期待できず逆に怪我のリスクだけ増します。
強い選手達はポテンシャルが高いからそれだけの練習量をこなせるというのを忘れてはいけません。

これも何度も言っていますが、決して私は「ハードトレーニング否定論者」ではありません。
ハードトレーニングをこなせない状態の選手達にダラダラと長時間きつい事をさせる指導者達に怒りを感じているだけなのです。


さて、大学のボート部員、特に男子に多い症状の一つに「肩」の問題があります。
高校からボート部でやっていた経験者の多い大学もあるでしょうが、ほとんどの大学は未経験者が入部していきます。
そして、中高時代野球をやっていた選手がかなりの確率でいます。

そういう選手は皆と言っても良いぐらいの確率で利き腕側の肩関節を傷めています。
具体的には『烏口肩峰靭帯』という上腕と胸の筋肉をリンクさせる靭帯を損傷しています。



こういう「テイクバック」のポジションを頻繁に行う動作が多いと、肩の関節が開いた時に本来縮んでくれなければいけない靭帯に少しずつ弛みが生じてしまうのです。

このままだと、トレーニングだとベンチプレスをすれば利き腕側が挙がらず潰れるし、ローイングですと肩の状態が不安定なのでしっかりドライブ前半で「ハンドルにぶら下がる」事ができなくなります。
苦し紛れに無意識にドライブ前半から肘が曲がったような漕ぎになってしまうのです。
そうすると体重移動が上手く使えず、また変な身体の使い方をするので新たな故障の原因にもなります。

こういう状態になっている選手にその状態を指摘するだけでは、根本的な解決はできません。
「ぶら下がれない」本当の原因を見つけてあげなければいけないのです。

こういった選手は烏口肩峰靭帯にアプローチしてあげると肩の動きが格段に良くなりますし、ローイング自体も良くなります。

本当は入部した時にチェックして対策してあげる事ができれば、そういう選手達はもっともっと伸びる可能性を秘めています。
しかし、実際は肩が原因でパフォーマンスが思うように伸びず逆に怪我したりする事が多いのです。
ですから、これからもこういう事は啓蒙していこうと思っています。

野球以外には、テニス・バドミントン・バレーボール、そしてバスケットボールとかをやっていた選手もこういう症状を持っているケースが多々あります。
大抵が右利きなら右肩なのですが、中にはラクロスのように右利きの選手が左に振りかぶる動作をするスポーツもあります。
また、現在通っている大学生女子は中高時代に運動部に所属していなかったのですが、左の烏口肩峰靭帯を傷めていました。
これは彼女がブラスバンド部でコントラバスを演奏していたせいだと思われます。
コントラバスを支える左腕の形が、ちょうど野球とかでやる「テイクバック」に近いせいです。

このように新しく入ってきた人に対しては、運動歴を含めた活動歴みたいなのを聞きとり該当するようなものがあれば必ずチェックするのがお奨めです。
そうする事によって、スポーツ障害(すでに起こっている可能性が高いが)を未然に防ぎ、その人の競技パフォーマンスを容易に上げてくれるでしょう。

*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります。

楽水庵


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ