HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 2016年10月

楽水庵ブログ 2016年10月

両踵と膝の痛みに

京都府長岡京市の、『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 楽水庵です。

今通ってくれているハンドボールをしている女子高生。
左右とも歩くのも辛いほどの踵の痛みがあります。
両膝、特に左の痛みもかなりありましたが、それは以前の施術で不安程度に収まっています。

ただ、踵の痛みがなかなか良くならない。
下腿部の調整や足底筋膜に足底方形筋、それに腰椎の調整に足底アーチの矯正もやってはいるのですが、なかなか痛みが和らがない(^_^;)

そこで、もう一度方針を見直しました。

すると。踵の痛みに関しては「ひらめ筋」が物凄く関わっていました。
ただ、単にひらめ筋テープを貼るだけでは痛みは解消せず、EDFテープ等で筋膜のずれを大きく矯正する必要がありました。
そうすると、痛みがほとんど消えました。

次に膝ですが、これは少しリンパ浮腫(所謂、膝に水が溜まった状態)があったので、スリットテープを貼付(左は2枚)、それに半月板の損傷もかなりあるのでテーピング、左は膝窩筋も少し機能低下していたので貼付。

hashimoto20161030_1.jpghashimoto20161030_2.jpg


これによって、物凄く良い状態になったと思われます。
ただ、1週間後来た時にどう推移したか多少ドキドキですが(笑)


楽水庵

押圧などで親指をよく使う方に・・・

『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 京都府長岡京市の楽水庵です。

私も筋膜リリース等で親指をよく使います。
仕事が忙しい時は親指が「バネ指」みたいな症状になって、結構動かしたら痛い事が多々あります。
指の状態が良くないと、それが筋膜で伝わって首も辛くなります。
最近のリリースは以前のものに比べてかなりソフトで、もちろん受け手に対してもそうですが私自身の負担も軽くなっています。

ただ、それでもやはり辛い時はあります。

そんな中、今通っているハンドボールをしている女子高生に親指脱臼していないかを聞いてみたところ、やはり右手をやっていました。
本人は突き指だと思っていたのですが、指の付け根(MP関節)は脱臼の方が圧倒的に多いですね。
その前日にママさんバレーの方達の突き指・脱臼の相談を受けていたら、圧倒的に親指の脱臼が多かった。

女子高生の話に戻りますが、彼女に脱臼改善のテーピングをしている時にふと「これ時分に貼ったらどうだろう?」と思い付きました。

自分は脱臼ではなく、使い過ぎの方で本来は上肢や首の調整をした方が良いのですが、試しにと思い貼ってみました。
ちなみに、全く引っ張って貼っていません。

my_finger20161031_1.jpgmy_finger20161031_2.jpg
すると、メッチャ楽!!
これで楽になるという事は、使い過ぎで少し親指の靭帯が弛んでいるのは間違いないでしょう。
しかし、まさかこんなテープで楽になるとは思いもよりませんでした。

本当にこんな事は「思い付いたら試してみる」をやってみないといけませんね。
私のような仕事をされている方は、結構皆さん親指が辛いことが多いので是非試してほしいですね。


楽水庵

前回は疲労骨折、今回の左腰にジンジンとした痛みは?

京都府長岡京市の 『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 楽水庵です。

先日滋賀県野洲へ小学生のバドミントン大会へサポートに行った際(リンク)の事です。

前回春へ行った時、一人の男の子の腰痛が何回来てくれてもスッキリ取れませんでした。
「何でかな?」と非常に自分の無力さを痛感しました。

しかし、今回その子が母親と一緒に来てくれて、母親曰く「前回の後病院に連れて行ったら疲労骨折が見つかりました」との事。
なるほど、それで痛みが取れなかったのかと安堵しましたが、逆にその場でそういう事も判断できるようにならなければいけないと感じました。

今度は左の鼠蹊部と腰の痛みで、腰はちょうど腸骨の上辺りで「ジンジン痛い」だそうです。

ピンと来たのは、腸腰筋。
検査をすると、腸骨筋に長内転筋に問題。
次に気にしなければいけないのは、腸腰筋が悪い場合腰の腰方形筋も機能低下している場合が多い事。
これに留意しておかなければいけません。

とりあえず、腸骨筋と長内転筋にテーピングすると、まず鼠蹊部の痛みがなくなり腰の痛みもマシになりました。
そして、腰方形筋にテーピングすると「ワッ!」という声を出してものすごく嬉しそうな顔をしました。
本当に痛みが消えたようでした。

前回は疲労骨折があったとはいえ楽にして上げる事ができなかったのが、今回はやっとできたので私としても本望でした(^_^.)


楽水庵



春に来てくれた子がまた寄ってくれました(^_^.)

京都府長岡京市で、キネシオテーピング協会認定治療院をやっている 楽水庵です。
キネシオテーピング協会認定療法家&指導員で、キネシオテーピング療法学会の評議員をさせていただいています。

時々各種大会に於いてテーピングサービスをさせていただいております。
私がボート出身なものですからボートの大会(インターハイ・国体等やその他のローカル大会も)に関わる事が多いのですが、最近滋賀県の小学生バドミントンの指導者の方々との繋がりができ、ちょこちょこと滋賀県の大会に行っております。

今回は滋賀県野洲で開催された小学生秋季大会の個人戦でした。
今年の春季大会にもさせていただきました。

今回は仲間の都合が悪く、私一人でやりました。
周知ができないのでどうかなと不安でしたが、春季大会の際に来てくれた子供達が寄ってくれました。
春の時の効果を認めて来てくれたようで、こういうサービスをして本当に嬉しい瞬間です。

20161023yasu1.jpg20161023yasu2.jpg


もちろん、まだまだキネシオテーピングの効果をご存知ない、もしくは、プロの見立てやテーピングを体験されていない方々の方が圧倒的に多いです。
なかなかご理解いただけない事も多く歯痒い思いをする事もありますが、だからこそこういう場で無料サービスをする価値があるのかも知れません。
皆さんキネシオテーピングの効果をご存知なら、また別の展開ですれば良いのですから。

また、こういうテーピングブースは私にとって良いトレーニングの場でもあります。
普段は自分の院で割と時間を掛けて施術しておりますが、大会とかでは次の試合が迫っている事が多く、本当に短時間でその主訴の本質を見極めて結果を出していかなければなりません。
「こういう痛みだったら、このテーピングをしていれば良い」みたいな甘い考えではこういう現場では対応できません。

これからも機会があればこういうブースをドシドシやっていこうと思っています。


楽水庵




「筋膜リリース」の無料体験を始めます!

京都府長岡京市の 『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster  & performance upper 楽水庵です。

つい最近試行錯誤の上、新しい筋膜リリースを開発いたしました(リンク参照)

この筋膜リリースをぜひ体験していただきたく、本日(10月21日)より11月18日(金)まで「10分間筋膜リリース無料体験」を開始させていただきます!

無料体験ご希望の方は、以下の事をご了解いただいた上でご連絡お願いいたします。

1、無料体験ですが、ご予約はお願いいたします。
 予約の方がおられない時間帯で調整させていただきます。
 電話 075-925-5951 、もしくは、メール rakusuian@gmail.com まで

2、筋膜リリースの体験は10分ですが、お時間はお一人30分お取りさせていただきます。
 お悩みのご相談等をお聞かせください、できるだけのアドバイスはさせていただきます。

3、基本的にテーピングは致しません。
 リリースをするのにどうしても必要なものがあれば、最小限テープを貼る事はあります。

4、自分がやってほしい処をご希望されてもお応えできない事もあります。

  お悩みの症状を、どうすれば少しでも解消できるかをやらせていただくので、やってほしい個所と実際にやる箇所が異なる事も多々あります。


5、無料体験で、もし当院の施術がお気に召して通っていただける場合、初回料金はいただきません。
 2回目料金(一般の方は¥5,000)からになります。


こういう小物で腰痛対策!

『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 、京都府長岡京市の楽水庵です。

現場でお仕事をされている方よりも、どちらかというとデスクワークで座りっぱなしをされている皆さんの方がお身体の状態が良くない事が多々あります。
肩こり・腰痛等の症状も結構強く、頭痛持ちの方もかなりおられます。

身体をあまり動かさないので、血行不良も勿論あります。
ただ肩や首のコリも原因は腰にある事が多く、またその腰の悪くなる原因も実は「ひらめ筋」というふくらはぎの筋肉が座位だと伸ばされっぱなしである事から起こる事が多いのです。

ひらめ筋は膝関節を曲げた状態で爪先立ちする(底屈)する筋肉です。
だから、どうしても座って踵を着けたまま長時間の状態が続くと弱ってきます。

ひらめ筋が弱ると腰の仙腸関節に影響を与えます。
そして、仙腸関節の状態が良くないと首や肩に影響を与え、人によっては頭痛も引き起こされてしまうのです。
今日お越しになった、ある会社の工場長をされている方も、ずっとパソコンと睨めっこの仕事をされているのでひらめ筋が凄く弱っておられました。
その方は顎が痛くて来られたのですが、こういうマイナス要因も取り除いていかなければいけません。

このひらめ筋の機能低下を防ぐには、
1、時々立ち上がる
2、立ち上がらないまでも、座ったままで時々踵を上がてひらめ筋を収縮させてあげる
等あります。


とはいえ、仕事で根を詰めている中でこういう事を実践するのはなかなか難しいでしょう。

そういう時にはこれがお奨め!

ashidai.jpg

ホームセンターとかで売っている足台に時々足を乗せてひらめ筋を休めてあげましょう。
私も今こうやってパソコンに向かっている際に使っていますが、本当に楽ちんです。

もちろん、しっかり歩いたり、座った状態で踵を上げたりしてふくらはぎを鍛える事も重要です。
私が毎日行っている「エアー縄跳び」も効きます。

でも、お仕事にトレーニングという訳もいかないでしょうし、そういう場合は足台を上手く利用されては如何でしょうか。


楽水庵

「歯が浮く」、こんなところで解消!

京都府長岡京市 『痛みの探偵!』 「アゴ・首・スポーツ障害専門院」 楽水庵です。

昨夜伏見横大路時代の仲間が来てくれました。
お米関係の仕事をしていて、今年は天候不順の為に収穫が一斉になってしまい物凄く忙しく、その為かここ数日歯が浮いて困っていました。

昨年の夏に私も歯が浮いていました。
結局、奥歯に虫歯が見つかり治療したらすっかり治まりましたが、物を噛むのも痛い時期があり辛かったですね。

さてその彼ですが、何とか症状を軽減する為に手の反射区や足の反射区、それに首や肩・上腕の筋膜リリースを最初にやってみましたが、結果は「少しマシ」程度。
腰もかなり良くなかったし、とりあえず全身の調整をしてみようという事になりました。

すると、股関節周りではそうではなかったのですが、左のふくらはぎ、それもひらめ筋を筋膜リリースしている時に「あ、それ歯にかなり効いている!」との事。
そこで、テーピングした上でヒットマッサーも用いて更にリリースをすると、かなり楽になった模様です。

また、歯が浮いていたのが左上だったので、左ひらめ筋が有効だったのかと思いましたが、右ひらめ筋も同様に効果が出ました。

腰もしっかり筋膜リリースをしたので軽くなりましたが、本人の感想ではやはり両方のひらめ筋が効いていたようです。


もちろん昨年の私がそうだったように結局虫歯が根本原因である可能性もありますし、首や肩が原因である可能性もあるでしょう。

決してひらめ筋をやりさえすれば「歯の浮き」が治まるとは思えません。
一番大事なのは、そういう事を踏まえて全身のチェックをしていく事ではないかと思えてなりません。



楽水庵






筋膜リリースのやり方が進化すると・・・、そのコンセプトは?

京都府長岡京市の 『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 楽水庵です。

当院の施術は、主にキネシオテーピングと「筋膜リリース」です。
また、そのキネシオテーピングにしろ筋膜リリースにしろ、常に進化しております。

昨年大きくキネシオテーピングの貼り方を刷新しましたが、つい最近筋膜リリースが大きく進化しました!
というのも、キネシオテーピングをする際に常に考慮している「筋膜の流れ」をリリースに応用するようにしたからです。

以前の筋膜リリースはシアトル・マリナーズのトレーナーとしても活躍されている高倉先生から教わったものをベースにしていました。
ただ、これをそのままやると猛烈に痛い!!
高倉先生曰く、アメリカ人は痛いほど「効いている」と思う人が多いらしいのですが、講習の際に私がモデルになりましたが、本当に猛烈に痛かったです(^_^;)
やはり先天的に筋肉の強さとかも異なりますし、日本人の場合案外アスリートでも痛みに弱い方は多いので、私なりにアレンジしてやっておりました。

ただ、ほとんどの方に効果が出て喜んでいただけたのですが、中には「強過ぎる」、「しんどくなる」という方がおられたのも事実です。
そこで、これも私オリジナルのMUST(マッスル・ユニット・ストレングス・トレーニング)という一種の運動療法を多用していました。

今回、そのMUSTと筋膜リリースを組み合わせたものを、新たに開発できました。
まだまだ改良の余地はありますが、かなり効果テキメンです。

そのコンセプトとは、何か?
上にも少し書きましたが、最近のキネシオテーピングをする際に考慮している「筋膜の流れ」、つまり疲れた筋肉等は「固く絞った雑巾」状態で、疲れや痛みを解消するには、この状態を緩和させなければいけない。
固く絞った雑巾にまた水分を含ませる為には、一度反対方向に緩める必要がありますね。
これが、つまり「リリース」です。
水分、要するに「血液」や「リンパ」のスムーズに流れてこそ回復は促されます。
それを筋膜リリースに取り入れました。

全身どの部位でも効果があります。
頭蓋骨の筋肉もこのやりかたで行うと、頑固な側頭筋の張りが「スッ」と緩みます。
これは頭痛持ちの方や顎でお悩みの方にとっては、非常に効果的です。
側頭筋の奥には大きな動脈が流れていて、なおかつこの筋肉は「口を開ける」際の主働筋の一つだからです。

また、頭を直接しないまでも、肩甲骨内側や首の筋膜リリースをすると、それだけでも「頭が軽くなる」と言っていただいております。

前日来た学生(2年通ってくれています)に「また新しいの開発して効果凄いで」と話すと、「ホンマですか?前のでも十分効果あったんですけど」と行ってくれましたが、帰り際「ホンマ違いますわ!」と感想を述べてくれました。
またその後来られた50代女性(3年通っていただいています)も、首の新リリースをすると「あ~、首が回りやすい」と喜んでいただいていました。

技術及び考え方というのは、その時限界だと感じていたとしても、向上心や好奇心があれば更に進化できるものだなと実感しました。
また知人にに言わすと、私は結構『負けず嫌い』だそうです。
自分ではそう実感しませんが、ある分野に掛けては確かにそうかも知れません。
商才に関する分野では全くですが(あるなら前職を続けていた筈)、ことこういう処では「更に上」を目指しているようです。


楽水庵






何故、パスを受けただけで肩を脱臼したのだろう?

京都府長岡京市 『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 楽水庵です。

数日前に膝や踵の痛みで来院したハンドボールをしている女子高生ですが、練習中に両肩とも完全脱臼したそうです。
右はもう不安がないが、左にまだ不安があるとの事。

ラグビーとかで相手に腕を取られて脱臼とかはよく聞きますが、ハンドボールでもそうなのかと聞いたところ、速いパスを受けたら外れたそうです。
一瞬「えっ!」と思いました。
そんなに線が細い子でもないのに、何でだろうと。

しかし、足元をチェックしたらすぐに原因が判明しました。
結構な開帳足、つまり横アーチがなく、なおかつ腰椎4-5番間が詰まっていたので両母趾に力が入らない状態でした。
ほとんどの足趾がしっかり接地できていないのです。

これでは全く踏ん張れない状態です。
つまり下半身の粘りがないまま速いパスを受ける事になっていたのです。
上半身だけで受けるのですから、場合によっては脱臼する可能性も出てきます。
これを本人に伝えると、思い当たるようでした。

写真は別の人ですが、彼女もこのまま放置していればこのような状態になる可能性もあるでしょう。

shiramizu_20150924.jpg


踵や膝が痛いのも、こういう足元の状態が原因の一つで、テーピングで足元を整えるとそれだけで痛みが軽減しました。

地味な事ですが、こういうチェックをしっかりやっていかないと思わぬスポーツ障害を起こす事もあるのです。


楽水庵

「仰向けで寝られない・・・」

京都府長岡京市で『痛みの探偵!』を名乗らせていただく kinesio ≒ pain busuter & performance upper 楽水庵です。

寝相というのは人それぞれで、うつ伏せで寝る方・横向きでなければ寝られない方とかおられるようです。
ちなみに私は若い頃は横向きで寝る事がほとんどで、横向きになるのは寝付けない(まあ最近は滅多にないですが)時ぐらいですか。

仰向けで寝るのが理想的なのかどうかは判りません。
熟睡できればそれで良いと思います。

ただ、中には仰向けで寝たいのに腰の問題とかでなれない方もおられます。

最近お越しになった30代後半の女性。
数ヶ月前からソフトバレーを始められたのですが、手は突き指・脱臼、足首の不安、膝の痛み等のスポーツ障害を多々抱えられておられます。

一つ一つ解消するようにしていっておりますが、そんな中で「仰向けで寝ようとしたら腰が浮いてしまって寝れない」という悩みもありました。
所謂「反り腰」という症状です。

チェックしてみると、S3神経の詰りがありました。
以前も書きましたが、S3神経が詰まっていると詰まっている方の腹直筋や外腹斜筋が機能低下します。
その為に腹直筋が弛み過ぎて腰が反り過ぎて仰向けになりにくいのでは、と推測しS3にテーピング。
すると、「ずいぶん腰が着くようになりました」という反応がありました。

それでも2回目に来られた際に、「まだ少し浮きますね」という報告があったので、全体のチェックをしていくと、左の大殿筋・中殿筋に小殿筋の機能低下が影響しているのが判りました。
確かに臀筋群に問題があると、脚が伸ばし辛い。
試しにやってみたのですが、臀筋に拘縮があると臀部が浮き気味になります。
両膝を浮かせて弛んでくれれば良いのですが、弛まない、もしくは膝を浮かす事が逆にストレスになる事もありますし。

さて、この方に話を戻すと、臀筋をテーピングで調整したら、「腰に一本線が入ったように安定しました」との反応があり、施術中も仰向けで寝ているのが楽そうでした。

これで更に仰向けで寝やすくなるのではと思いますが、次に来られた際にも何かありそうな気もしないではないです(^_^;)


楽水庵

12

« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »

このページのトップへ