HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 2012年8月

楽水庵ブログ 2012年8月

横隔膜

よく腰痛の原因はいろんなところにあると述べております。

腹部の筋機能などもその原因の一つに挙げられますが、
その機能を低下させている問題として横隔膜もあります。

横隔膜がちゃんと動いてくれないのです。
横隔膜は結構体幹の中心に鎮座していて、「膜」とありますが、実は筋肉です。
基本的に下がって肺に空気を入れますが、
腹式呼吸がしっかりできない方は横隔膜が下がりにくいのです。

また、逆に下がったままで上がらないとか呼吸が起こりやすくなります。

どちらにしても普段から横隔膜をしっかり動かすことが快適な生活への
第一歩になると確信しております。

あわやムチ打ち?

21日に堺へテーピングのボランティアに行った時の事。

昼食後椅子で休んでいたら突風で隣に立てかけてあったホワイトボードが倒れ側頭部がまともに衝突。

タンコブも出来ましたが頸に違和感があったので、一緒にやっていた方に即テーピングしてもらいました。
お陰で事無きを得ましたが、ムチ打ちってこういう感じでなるんだろうな~と実感しました。

テーピングは飯の種でもありますが、
自分の体を守る一生の財産としてありがたい存在だとつくづく感じました。

更年期?

最近、どちらも男性ですが自律神経に関わるようなケースが2名おられました。

お一人は60歳手前で、どうも男の更年期障害の症状が出ておられました。
そして、もうお一人は所謂クーラー病で顔だけ大量の汗が出ると言った症状。「冷えのぼせ」とも呼ばれています。

どちらの方も、頭蓋仙骨療法や末端(掌や足裏)を施術すると直ぐに症状が治まりました。

自律神経のバランスを取り戻すと本当に楽になるみたいです。

なぜに?

定期的に通っておられる方で、特に男性ですが、
なぜか結構がに股気味で徐々に脚の向きが真っ直ぐになってきていた方が
なぜかこの時期またがに股気味に戻ってきています。

なぜなんでしょう?


1

« 2012年7月 | メインページ | アーカイブ | 2012年9月 »

このページのトップへ