HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 2011年10月

楽水庵ブログ 2011年10月

早めが大事

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 「アゴ・首・スポーツ障害専門院」楽水庵です。

2011年10月にこういうブログを書きました(原文そのまま)



現在、少年野球をやっている中学生や小学生がテーピングに来ています。

若いので、大人に比べれば改善のスピードも早いのですが、
やはり長い間傷めていた箇所は時間が掛かります。

逆に、ついこの前に傷めたような箇所はだいたい一度テーピングすれば治っていることが多いです。

やはり、治療にかかる期間は、傷めていた期間と同程度必要だと思います。

早め〃に手を打っておく事が、時間とお金の節約になるはずです。



現在(2018年10月)にこれを見返してみると、本当に言葉足らずだったと感じます。

要は、その部分だけでしたら時間が経っていようが1回のアプローチでも良くなる事も多々あります。
ただ、その傷めた処が原因である動きができないと、人はそれを補う為に「本来は使わなくても良い筋肉」等を使わなければいけなくなるのです。
靭帯が弛んでいる場合は尚更です。

そうするとドンドンと「負の連鎖」がエンドレスに続いていきます。
そうなると、元々の原因を探るのに苦労するのです。
本来の原因を、それこそ「1枚ずつ剥がして」いき見つけていく必要があるからです。

そういう意味で最初に痛み・違和感を感じた時に対処する事が重要になっていきます。
まあ、なかなかできない話ですが・・・

楽水庵



足元が大事

こんにちは、「キネシオ ローイング インストラクター」(キネシオテーピング協会認定ボート競技専門指導員)
京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵の水谷です。

2011年10月にこういうブログを書いていました。

”うちに腰がダルい・痛いと言って来られる方達のほとんどが仙腸関節炎
という仙骨と腸骨の間の関節の動きが悪くなってしまう症状になっておられます。

仙腸関節炎の原因として多いのが、足元の重心の悪さ、
特に小指側、つまり外側に体重が掛かってしまっている方に見受けられます。

意識して親指側、つまり母指球に重心を載せていただきたいのですが、
なかなか意識だけでは変えられない方にはテープを足底に貼るだけで
直ぐに重心が変わる方法があります。

本当に重心のポイントが変わると、嘘のように腰が楽になる方もおられます。”



現在(2018年10月)ではもっといろんな事が判ってきて、足元だけではしっかり立てない人もおられるのも事実です。

特に仙椎の神経が詰まっておられる方は、その詰りを取り除かなかければ所謂「足が地に着いた」状態にはなりません。
股関節の力が出しにくいからです。

それを調整して、なおかつこれも今ではとても簡単に貼れる「足底筋膜テープ」を貼れば足元が更に踏ん張れるようになります。




*あくまで個人の感想です
*効果には個人差があります

楽水庵

 

 

1

« 2011年9月 | メインページ | アーカイブ | 2011年11月 »

このページのトップへ