HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 2013年11月

楽水庵ブログ 2013年11月

「情けない・・・自分のギックリ腰」

先週水曜日施術中に来ました!来ました!ぎっくり腰が(T_T)
最近、腰椎・仙椎にジェルフィッシュテープを貼る事が多く、
それも椅子に座ってもらって、自分がかなり前屈みになって
結構長い時間その状態でテーピングしている事が多かったのが原因でしょう。 火曜日に一瞬ヤバかったが、それは事無きを得たのですが翌日来ましたね~(^_^;)
とにかく、痛い。椅子から立ち上がるとしばらく腰が伸びない。
洗面所で肘を付きながら手や顔を洗わなければいけない始末。
そういえば、この間来られた女性がそういう事を言っていたな~、と思い出す。
そして、施術が終わると腰が伸びない上体なので、通院された方々に「
お大事に」と言われる始末・・・本当にご心配かけました

自分なりに原因を探って色々テーピングしたし、
この間自分の口座を受けた方にジェルフィッシュを貼ってもらったりしたが、
正直言ってかなりひどい状況だと自分で客観的な判断ができなくなってくるし
、貼り方もセルフだと適当、それもつい重ね貼りしてしまうと、どこかのテーピングが
皮膚・筋膜の正常化しようとする動きを邪魔してしまっている感がありました。

という訳で、これは我を張らず仲間を頼ろうと今朝の予約された方に無理を言って日程を変えていただき、
大阪の支部長の治療院は行ってまいりました。
電車で座っていて立ち上がる際にメッチャ痛い(涙)。
電車から降りても一息つかなければ歩けない状態。ただ、歩き出すと何とかずっと歩ける。 ガタイのでかいおっさんが「うっ」とか言いながら歩いているのだから、
周りからは不審な目で見られていたでしょうね(笑) しかし、愛媛の先生の元へ伺った際もそうでしたが、
自分が傷めている時に同業の方の施術(アプローチも含めて)を受けると大変勉強になります。
今回自分の一番反省しなければいけないのは、
アイシングがホントいい加減だった点。急性期のアイシングが足りませんでした。

今回の教訓。
本当に傷めている時は自分で正確な判断ができないのだから、素直に仲間に頼る。
それがまた勉強にもなる。

トップアスリートの痛み

時折トップアスリートの報道で、「痛みを堪えて」みたいな表現がありますが、
これを額面通り受け取ると、とんでもない勘違いを起こすと感じます。

勿論、サッカーなどコンタクトスポーツで相手選手との衝突などの怪我は別です。
トップアスリートになるには、単にフィジカルが優れているだけでは不十分で、
繊細な感覚の持ち主でないとなれません。まあ、本当に鈍感な人もいるでしょうが・・・

だから、長嶋さんの例を見ても、トップアスリートの人の表現は擬態語が多いです。
この間亡くなった、一緒にボートを漕いだ事のあるアトランタ五輪代表監督もそうでした。
人一倍繊細な感覚な持ち主が感じる痛み、
それはひょっとしたら一般の人がそれほどまで感じるような痛みではないのかも知れない、
ただ、スポーツマスコミの人達はそういう事が皆目判っていないから、普通の人の痛みと同一視する。
名付けて、「痛みの乖離」があるような気がしてなりません。

講座を開講して

先月27日と今月3日にキネシオテーピングの講座を開講しました。
「皮膚・筋膜の誘導」という最新のキネシオテーピングの理論と
自分が臨床で効果を上げてきた神経圧迫へのアプローチをメインにおき、
基礎編でテープの基本的な切り方・貼り方から簡単なコンディショニングの仕方を、
そして実践編では実際に腰椎・仙椎の神経圧迫の見分け方から実際に貼っていくところまで学んでいただきました。

協会の方には「いきなりは難しいんじゃないですか?」と言ってくださる方もいましたが、
案外腰椎・仙椎へのアプローチはフォーマット化しやすいと思っていました。
実際講義してみると、やはり考え方がパッと理解していただき、ちゃんと貼るところまで無事できました。
一種の掛けでしたが、成功できてホッとしています。

実際、腰椎・仙椎のアプローチで腰が楽になった方は、
「いろんな所へ行っても、どれもその場しのぎだったが、これはドンドン良くなってきているのが実感できる」
と異口同音に言って下さいます。贅沢ですが、その感想を聞き飽きてしまいました(笑)
そして、皆さん本当に元気になられています。
多分、こういうアプローチをしているのは日本でも数少ないと思います。
非力ですが、これが下半身の問題解決のスタンダードになってくれるように
これからも講座等を数多くやっていこうと思っております。

1

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2013年12月 »

このページのトップへ