HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 過去のコラム

楽水庵ブログ 過去のコラム

「情けない・・・自分のギックリ腰」

先週水曜日施術中に来ました!来ました!ぎっくり腰が(T_T)
最近、腰椎・仙椎にジェルフィッシュテープを貼る事が多く、
それも椅子に座ってもらって、自分がかなり前屈みになって
結構長い時間その状態でテーピングしている事が多かったのが原因でしょう。 火曜日に一瞬ヤバかったが、それは事無きを得たのですが翌日来ましたね~(^_^;)
とにかく、痛い。椅子から立ち上がるとしばらく腰が伸びない。
洗面所で肘を付きながら手や顔を洗わなければいけない始末。
そういえば、この間来られた女性がそういう事を言っていたな~、と思い出す。
そして、施術が終わると腰が伸びない上体なので、通院された方々に「
お大事に」と言われる始末・・・本当にご心配かけました

自分なりに原因を探って色々テーピングしたし、
この間自分の口座を受けた方にジェルフィッシュを貼ってもらったりしたが、
正直言ってかなりひどい状況だと自分で客観的な判断ができなくなってくるし
、貼り方もセルフだと適当、それもつい重ね貼りしてしまうと、どこかのテーピングが
皮膚・筋膜の正常化しようとする動きを邪魔してしまっている感がありました。

という訳で、これは我を張らず仲間を頼ろうと今朝の予約された方に無理を言って日程を変えていただき、
大阪の支部長の治療院は行ってまいりました。
電車で座っていて立ち上がる際にメッチャ痛い(涙)。
電車から降りても一息つかなければ歩けない状態。ただ、歩き出すと何とかずっと歩ける。 ガタイのでかいおっさんが「うっ」とか言いながら歩いているのだから、
周りからは不審な目で見られていたでしょうね(笑) しかし、愛媛の先生の元へ伺った際もそうでしたが、
自分が傷めている時に同業の方の施術(アプローチも含めて)を受けると大変勉強になります。
今回自分の一番反省しなければいけないのは、
アイシングがホントいい加減だった点。急性期のアイシングが足りませんでした。

今回の教訓。
本当に傷めている時は自分で正確な判断ができないのだから、素直に仲間に頼る。
それがまた勉強にもなる。

トップアスリートの痛み

時折トップアスリートの報道で、「痛みを堪えて」みたいな表現がありますが、
これを額面通り受け取ると、とんでもない勘違いを起こすと感じます。

勿論、サッカーなどコンタクトスポーツで相手選手との衝突などの怪我は別です。
トップアスリートになるには、単にフィジカルが優れているだけでは不十分で、
繊細な感覚の持ち主でないとなれません。まあ、本当に鈍感な人もいるでしょうが・・・

だから、長嶋さんの例を見ても、トップアスリートの人の表現は擬態語が多いです。
この間亡くなった、一緒にボートを漕いだ事のあるアトランタ五輪代表監督もそうでした。
人一倍繊細な感覚な持ち主が感じる痛み、
それはひょっとしたら一般の人がそれほどまで感じるような痛みではないのかも知れない、
ただ、スポーツマスコミの人達はそういう事が皆目判っていないから、普通の人の痛みと同一視する。
名付けて、「痛みの乖離」があるような気がしてなりません。

講座を開講して

先月27日と今月3日にキネシオテーピングの講座を開講しました。
「皮膚・筋膜の誘導」という最新のキネシオテーピングの理論と
自分が臨床で効果を上げてきた神経圧迫へのアプローチをメインにおき、
基礎編でテープの基本的な切り方・貼り方から簡単なコンディショニングの仕方を、
そして実践編では実際に腰椎・仙椎の神経圧迫の見分け方から実際に貼っていくところまで学んでいただきました。

協会の方には「いきなりは難しいんじゃないですか?」と言ってくださる方もいましたが、
案外腰椎・仙椎へのアプローチはフォーマット化しやすいと思っていました。
実際講義してみると、やはり考え方がパッと理解していただき、ちゃんと貼るところまで無事できました。
一種の掛けでしたが、成功できてホッとしています。

実際、腰椎・仙椎のアプローチで腰が楽になった方は、
「いろんな所へ行っても、どれもその場しのぎだったが、これはドンドン良くなってきているのが実感できる」
と異口同音に言って下さいます。贅沢ですが、その感想を聞き飽きてしまいました(笑)
そして、皆さん本当に元気になられています。
多分、こういうアプローチをしているのは日本でも数少ないと思います。
非力ですが、これが下半身の問題解決のスタンダードになってくれるように
これからも講座等を数多くやっていこうと思っております。

「体が硬い?」

顎関節症で来られている方の施術中です。
肩の施術をしている際に「肩が柔らかいですね~」と言ったら、
「私、前屈もできないし開脚もできないので、体が硬いんじゃないですか?」との答え。

それは下半身の関節稼動域が狭いだけです。
体全体が硬いなんて幻想です。ある一部の関節稼動域が狭いだけなのです。
前屈ができても開脚のあまりできない人、開脚できても肩関節の硬い人、等いろいろあります。
股関節・膝関節の関節稼動域があっても足関節の硬い人もいます。
前屈ができない人を「体が硬い」と一般的に言ってしまうので、言われた人もそう思い込んでしまっているだけです。

最近生まれてこのかた前屈で指が床に着いた事がないという人へ、
下半身の皮膚・筋膜を調整してかなりの効果を出しています。
昨日もそういう中学1年の女の子に施術して、5分ほどで指の第2関節まで床に着くようになりました。
関節が硬いというのはその周辺の皮膚・筋膜の動きが悪いだけの事が多いようです。
少しその動きを調整して上がれば良いだけなのです。
無理な柔軟運動やストレッチングは逆効果だと私は思います。

「これでええねん」

明らかに腰等を傷めている・痺れ等が出ている人の中に、
「仕方ないねん」とか「これでええねん」とかいわれる方がおられます。

その症状がずっとそれぐらいで収まってくれていたら、まあそれで良いのでしょうが、
特に腰椎・仙椎の神経圧迫(ヘルニアも含む)の場合、それがどういう症状になっていくかは判りません。
痺れや痛みなどの自覚できる症状だとまだ何とかなりますが、感覚麻痺になった場合下手すると歩けません。
実際そういう症状の方を見ていたら、先ほどのような発言をされる方には
「世の中そんなに甘くない」と言いたくなるし、また煙たがられても言うべきだと思っています。

時には「整形の先生がそう言ったから・・・」とか言われる方がおられますが、
その方はハッキリ言って自分の可能性を他人の言葉で諦めたお気の毒な人だと思います。
人間の可能性はまだまだありますし、いろんなやり方があります。
自分も無理なものは無理と言いますが、分野によっては他の医療・療法より効果を出しているものもあります。
肩書きや権威というファクターを外し、素直な目で周りを見てみると
貴方の悩みに役立つものがある筈です。それがもし私だとしたら、この上ない幸せです。

小学生でも神経圧迫

先日、地元の区民運動会へテーピングサービスに行った際、小学生の女の子を診ました。
右脚だけかなり内股になっており、この原因は何かと探っていたら、
実は右の腰椎に神経圧迫があって主に右股関節周りの筋肉が上手く働かない、というのが判明しました。
腰椎2番と3番にテーピングをするとちゃんと筋肉が反応しました。
右脚だけ内股になっていたのも、それが原因と思われます。

その子の母親曰く、「この子、よく転ぶんです」。
咄嗟に力が入らないとそういう事になると思われます。
別にボーっとしているからとか、鈍いからではないのです。
ただ、端から見ているとなにかそういう風に見られがちです。
今来ている野球をしている中学生も股関節に力が入らず練習中に転んだりして、
コーチに「真面目にやれ」と叱られていたようです。
これは一生懸命やっている本人の気持ちを深く傷つけてしまいます。
申し訳ないけど、日本の指導者にはこういう事しか言えないような人が多過ぎます。
何故転ぶのか、また別の事でも何故その動作が上手くできないのかを
しっかり説明してあげてこそのコーチです。
見た印象そのままを言うだけなら素人でも言えます。
コーチをするなら、その辺りも勉強してほしいと思います。

話は先ほどの女の子に戻って、小学生でも神経圧迫があるのは正直驚きでした。
ひょっとしたら、よく転ぶ子の全てとは言いませんが、かなりの割合でこういう子がいるのかも知れません。
運動会の際に小学校の校長に駅伝大会のサポートを提案しましたが、
この事についても言及してみたいですね。

過去の自分に対する過信

先日テニスをされている女性がアキレス腱痛で来られました。
自分で運転するのが辛いほど重い症状でした。

この方は中高時代部活でテニスをされていて、10年ほど前からまた試合に出られるようになりました。
ただ、正直言って競技を続ける為のエクササイズを怠っています。
とりあえず毎日20分歩くようにアドバイスしました。
ハードな競技をするのにウォーキングなど役に立たないと思われがちですが、
それは間違っています。

よりハードな事をする為には、そのベースがしっかりしていなければできません。
ジョギングでも良いのですが、下腿部ができていない人はまず歩くべきです。
ジョギングしたければ、ウォーキングの中で少しずつ入れていけば良いのです。
「2週間仕事が忙しく全然何もしていなかった」人が試合に出ていた、と話されていましたが、
それは決して褒められた事ではありません。
申し訳ないが、そういう方はいずれ何かしらの要因で競技できなくなる可能性が高いです。

特に中年以降で、体育会系出身の方は過去に捉われがちです。
「昔、これぐらいできた」、「20年前の体力に戻れれば」とか回帰主義が甚だしいのです。
時計は元に戻せません、今からの自分を創っていかなければいけないのです。
今の自分をしっかり見つめ、今の自分に見合ったエクササイズをするべきです。
昔と同じトレーニングをしても得られる効果は少なく、また挫折してしまう事も多い筈です。

「心の痛み」と「体の痛み」

最近、顎関節症や肩の施術などで人によっては「メチャ痛い」と言われる事があります。
最近とみに「痛み」とは脳、つまり「心」が感じているもので、
その程度は人によって本当に様々です。
同じような症状で同じような施術をしても、すごく痛がる方・ほとんど痛みを感じない方がおられます。

ですから、最近は「痛い」と言われても、「それは貴方の心が痛みを感じているのですよ」
と言ってそのまま施術を続行しています。ひどい男です(笑)
ただ、その方の体が施術を嫌がっている、つまり拒否反応をしていたら方法や圧を変えます。
体が嫌がっている場合はそのまま続行しても逆効果になる事が多いからです。
「心が痛がっていた」方はそのまま施術を続けた場合、終わったら非常にスッキリされます。
本当は「心の痛み」も感じさせずにできれば良いのですが・・・

足底が安定すると腕の力も

15・16日と東京で開催されたキネシオテーピングの大会に参加してきました。
今年から、それまで別に開催されていた臨床研究発表会と療法学会が統一され、
自分は療法学会の方で発表させていただきました。
結構着眼点や結果などは評価してもらったのですが、統計学の知識が皆目ないもので、
そこで結構突っ込まれてしまいました(~_~;)
今から勉強しようと思いますが、果たして身に付くかどうか・・・

それはさておき、臨床研究の方で興味深い発表がありました。
「足底が及ぼす影響」という題目で、足底のアーチを整える事で様々なテストを行い、
どれだけ抵抗力が増すかを実践したものです。
自分もモデルになりましたが、生憎自分は足底のアーチがしっかりしている方なので
若干の変化を感じた程度でしたが、アーチの悪い方にやってみるとかなりの変化がありました。

その中でOリングテストという手の親指と人差し指で円を作り、
それを検者が引き離すというものをやりましたが、
これもアーチの悪い方ほど変化が大きくなっていました。

やはり、足底アーチというものは非常に大事で、
これをないがしろにすると様々な障害を引き起こすのだな、と再認識されました。
大人になってから足底アーチを整えるのは、自力だけではかなり大変ですが、
キネシオテープを使うと簡単にできます。
特に横アーチが崩れている方は様々な障害を起こす可能性が高いので、是非お試し下さい。

う~ん、もったいない・・・

朝近くの鴨川河川敷を歩いていると、近所の女性二人連れに良く出会います。
健康の為に毎朝歩いておられるのには感心しますが、
惜しい事にまだ陽射しが気になるのか日傘を差して歩いておられます。

ウォーキングにおいて腕の振りは非常に重要です。
特に後ろへしっかり振る事によって歩幅も大きく取れます。
また、女性の取って気になる「二の腕のたるみ」なども、この腕をしっかり振る、
できれば肘を伸ばして振る事によってかなり解消される筈です。
陽射しが気になるなら鍔の広い帽子を被って歩かれた方が良いと思います。
そういう意味では、雨の日のウォーキングも傘ではなく、雨合羽の方が良いでしょう。

とは言え、歩く目的は人それぞれ、ストレス解消の為ならそこまで考慮する必要はなく、
只のお節介に過ぎないかも知れませんが(笑)

12345678910

« 楽水庵の顎関節症ブログ | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ