HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 2015年2月

楽水庵ブログ 2015年2月

胃下垂の調整、えっ!!

キネシオテーピングを用いコンディショニングを行っている、京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵です。

肩や腰のトラブルで通っている大学でカヌー競技をしている男性ですが、ふと胃下垂でいくら食べても体重が増えないという悩みもありました。

そこで、胃の上の皮膚を調整してみようと手で誘導。

人の腹部の皮膚・浅筋膜は凡そ時計回りにすると楽になりますが、彼はそうすると食道の入口が詰まりました。

他の方はそうすると逆に食道の入口が開いて楽になったのですが・・・・・

それならばと、反時計回りにすると食道の詰りもなくなり、非常にスッキリしたようです。

考えたら反時計回りにした事で胃の位置が正常に戻ったのかも知れません。

意図したものと正反対になりましたが(^_^;) これで胃下垂が解消してくれれば「怪我の功名」でしょうか。

下の画像はそのテーピングですが、こう貼ると胃の上の皮膚・筋膜は反時計回りになります。

niioka_20150222.jpg

「物を持ち上げると前腕の外側が痛い」

こんにちは、スポーツ障害専門院 楽水庵です。
京都府の西南部、乙訓地区の長岡京市でやっております。

昔の仲間で定期的に通ってくれている男性。
仕事で物を持ち上げたりすると左肘近くの前腕外側(撓側近位)が痛くなる、右もたまに痛くなるとの事です。

チェックしてみると首の筋肉、斜角筋(前・中・後)の張りが強いのでπテープを貼付。
そして、一番問題があったのが背中の広背筋でした。

物を持ち上げる時には背中の広背筋が働きます。
特に前屈みになって物を持ち上げる時には広背筋はかなり伸ばされています。
だから冬の寒い時期に物を持ち上げた際、広背筋が収縮しないのでギックリ腰になってしまう事が多いのです。

広背筋が弱った状態で物を持ち上げようとすると、腕の力だけで上げなければいけない状態になります。

そこで、先ず広背筋にテーピングして物を持ち上げてもらうと楽になっていました。
次に前腕の骨間膜の張りが強過ぎたので、ここもテーピングで弛めました。
同じく前腕の筋膜が内に寄り過ぎていたので、筋膜テープで外に戻しました。

更に物を持ち上げるのが楽になっていきました。
最後に前腕だけでなく上腕にも問題がないかチェックすると、肩の靭帯が少し弛んでいました。
筋肉とは違い、靭帯は弛みがあると周りの筋機能が正常に働きません。
そのお蔭で余計に前腕に負担が掛かっていたのでしょう。

右も少しだけ広背筋の機能低下がありましたが、左ほどではなかったので停止部に代替テープを貼って、左同様前腕に筋膜テープと骨間膜テープ。

これで物を持ち上げた時の痛みは大幅に軽減しました。

iwao_20150224_1.jpgiwao_20150224_2.jpg

「第2回 一般市民向けセミナー」の詳細について

長岡京市在住のキネシオテーピング協会認定指導員の水谷です。

第2回 一般市民向けセミナーのテーマは、「足首・膝等の靭帯」です。

まだまだ自分も勉強しなければいけませんが、これはやってみると非常に面白いですよ。

生まれてから一度も足首の捻挫をした事のないという方は、ほとんどおられないと思います。
そして腫れや痛みが引いたからといって、捻挫で弛んでしまった靭帯が元に戻ってはいません。

足関節周りは非常に多くの骨で構成されています。
多くの骨で構成されているという事は、その骨を繋いでいる靭帯も数多くあるという事です。
ですから、靭帯の一つや二つ弛んだままでも他の靭帯で日常生活は何とかカバーしてくれます。

しかし、激しい動きなどをした時にその弛んだままの靭帯、つまりグラグラした足首では更に新たな捻挫を起こしてしまう可能性があります。

よく平衡感覚のテストで「片足立ちテスト」をしますが、あれも足首が安定しているという前提でないと、本当に平衡感覚のテストになっているのか疑問です。

靭帯は一度弛んでしまうと元には戻らないと考えられています。
靭帯には血流がほとんどないので、修復機能がないからというのが理由です。

しかし、適切なテーピングで靭帯の弛みをロックすると、それにより周りの筋機能が正常化されます。
筋機能が正常化されると血流が増え、それによって靭帯に多少でも血液が巡っていきます。
すると、筋肉に比べ遅々たるものですが靭帯も正常化されていきます。

肘や膝などの靭帯にも同様の事が言えます。
今回は、特に足首や膝の靭帯を中心に、最小限のテーピングでどれだけ機能を正常化できるかを一緒に勉強していきます。

興味のある方は是非、ご参加ください。

sokukansetu_20150218_.jpg

「バネ指で、即手術を促された・・・」

お元気ですか、京都 長岡京でスポーツ障害を含む様々な痛みに立ち向かっている楽水庵です。

ご近所でピアノ教室をされている女性が左親指のバネ指でお越しになりました。
12月ぐらいから痛くなってきて、親指を曲げた時に「カクッ」とショックが出ます。

いよいよ辛くなってきたので、これも近所の病院の整形外科に行ったところ、レントゲンの結果は骨に異常なし、そこで医師に「バネ指だから手術されますか?早く決めて下さい」と言われたそうです。

最近の白内障手術のようにサッと手術してそのまま帰って日常生活に戻れるのならともかく、こういう腱の手術等は術後の長いリハビリが待っています。
その間ピアノはおろか日常生活もままならぬ状態になります。

昨年12月に会津若松で行ったセミナーでも、左のバネ指の手術をされた方が今回は右に症状が出て、「もうあの手術は受けたくない」と言われていました。
幸い少しテープを貼っただけで症状が改善され非常に感謝していただきました。

この会津の方は親指でなかったのも更に幸いでした。
人間の手の指は、親指が一番走っている筋肉も多く、他の指に比べ少し厄介です。

バネ指の原因は複合的です。
前腕の橈骨と尺骨の間にある骨間膜が固くなるのもその一つです。
また、そういう前腕の様々な筋肉の不具合もありますが、首の筋肉、主に前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋といった筋肉の張りが強いと上肢の筋肉に影響を与え、症状を悪化させます。
この場合「卵が先か、鶏が先か」みたいな話になってしまいますが、腱鞘炎やバネ指になられた方で首の筋肉が全く大丈夫なケースはほとんどありません。

私自身筋肉リリース・筋膜リリースをよく施術しますので、最近でこそ症状は出ませんが一時は本当に親指を曲げるのが辛い時期がありました。
その時に骨間膜を柔らかくするテーピングをして首の筋肉を弛めると症状が楽になりました。
あまりにも辛いので、「もうリリースとかはしない方が良いのかな」と考えていた時期もあったのですが。

話をピアノ講師の女性に戻します。
病院で手術を促され、家に帰ってご主人に相談された処、ご主人と私がたまたまネット繋がりがあったので一度相談してみるように言われたそうです。

そういう経緯から来られましたが、1回目の施術で痛みがかなりなくなり、2回目で親指の不快な症状もほぼ出なくなりました。
かなり首の状態が良くなかったので、徹底的に首のリリースを行いました。
前腕には画像のようにテーピングしました。

首の状態がもっと改善されるにつれ、バネ指の症状は更に出なくなる筈です。

piano_yoshida_20150221.jpg


アゴの内側翼突筋による痛み

皆さん、こんにちは。
乙訓地区、京都府長岡京市で「口を開けると痛い」・「顎がカクカクする」等の顎の症状を改善する専門院 楽水庵です。

寒かったせいか、最近顎の問題で来られる方が増えました。
3年前から顎が動かし辛いと来られた20代男性の2回目の施術。
大学受験の時から首を鳴らす癖が付いたようで、その為に首の関節がゆるくなってしまっている。
顎は首の状態に凄く影響を受けます。

また、この方は左股関節も良くないので、首の状態は腰から来ている可能性が非常に高い。
ですから、腰も首も顎も同時進行でやっていかなければ本当の改善にはなりません。

さて、2回目に来られた際に、「左が口を開け切った時に痛いのですが、口内炎ですかね?」と言われた。
しかし、口内炎なら別に口を開けなくても常に痛みが出る筈。

多分、内側翼突筋の問題だろうなと推測。
外側翼突筋が口を開ける筋肉に対し、内側翼突筋は口を閉じる筋肉で咬筋と機能が似ている。

だから、外側翼突筋の問題だと口を開けかける時に痛み等が出るし、内側翼突筋なら開け切った時(口を閉じかける時)に痛みが出る。
筋肉の状態が良くない時には収縮できないのです。

実際施術をしてみると、想像通り内側翼突筋に筋状に固い部分があった。
それをほぐすと非常に楽になられた。

左は外側翼突筋もまだ固いので、先ほども書いたように顎・首・腰、要するに全身のコンディショニングで更なる改善を目指します。

「足が冷える・感覚がない」頸椎のヘルニア?また、その原因は?

こんにちは、京都府長岡京市で神経障害による痺れ等の施術を行っている、アゴ・首・スポーツ障害専門院 楽水庵です。

直近で2度ギックリ腰をされた女性。

前日にテーピングに来られたのだが、夜に「帰りの車の中で尾てい骨の辺りが痛くて堪らなくなりました」とのメール。

遅かったが連絡を取って来てもらう。
そうすると昼間とかなり様相が変わって、「右脚の感覚がなく冷たい」との事。

腰のチェックをしていると寒気もしてきたらしく、これは腰だけの問題ではないと判断。
首の6番右横突起の圧迫が見られたので、そこを指で浮かすと右脚の感覚が少し戻ってきたのでジェルフィッシュテープを貼付。

そうすると脚も温かくなった。

6番だけでなく5番も圧迫が見られたのでこちらにもテーピング。
ただ、5番はジェルフィッシュテープを貼るスペースがないので、Xテープ(ホール)というテクニックで対応。

頸椎のヘルニアかどうかまでは判らないが、神経障害が起こっていたのは確実。

しかし、あまりにも短時間でこんな変化は考えられないので、原因を考察し直す。
どうも車のポジションが合わないようで、1年少し前に今の車に替えてから腰の調子が悪くなったそうだ。

そしてもう一つ、「車に乗っていたら振動がドンドンしてきた」との言葉に違和感を持つ。
聞けば、数週間にスタンドの店員がスタッドレスタイヤにかなりの高圧でエアを入れ、それから振動が強くなり、ギックリ腰を起こしたのはその直後だったそうだ。

もちろんこの程度でも問題ない方も多数おられるだろうが、元々小柄で体力もそれほどない方が、合わないドライビングポジションに髙過ぎる空気圧によって起こる振動を受けながら運転するといろんな問題が出てくるの想像に難くない。

本当にちょっとした事でいろんなトラブルが起こります。

「肩甲骨がユニットで動ける」

皆さん、お疲れ様です!
京都の楽水庵です。長岡京市でスポーツ整体院をやっております。

先日アーチェリーの選手が来院されました。
私自身はアーチェリーをやった事がありませんでしたが、ご自身の練習中の動画を見せて下さったので助かりました。

お悩みは左肩の安定性。
試合では、1分間4発の割合で計72発発射しなければいけないとの事。
結構長時間肩が安定していないと的に上手く命中しないのは自明の理です。

右肩や肘も少し靭帯の弛みが見られました。
そして、左肩も3つほど肩の靭帯に弛みがあったのと、肩甲骨にある棘下筋等の筋低下がありました。

それを調整して何度もシャドーをしてもらうと、「今まで左肩を安定さそうとすると特定の筋肉に負担が掛かったが、今は肩甲骨が一つのユニットでスッと動ける」という感覚になられたようです。

これは、今肩等の故障で通院してもらっている立命館大学のカヌー部の選手もそういう表現をしてくれます。

各筋肉はユニットとして動けるのが一番です。
決して特定の筋肉を酷使して頑張るものではありません。
その動きに必要な筋肉同士が上手く協調すれば、リラックスして一つのユニットになり動けます。

ところが、どこか弱い筋肉があればユニットが構成されません。
ここの筋肉がバラバラに動かざるを得ない状態になってしまいます。

そして、どこか弱い筋肉が一つあれば、その動き自体が一番弱い筋肉のレベルになってしまいます。
悲しいかな、平均値は取ってくれないのです。

よくアスレチックトレーナーやスポーツトレーナーの方がよくユニットで動くトレーニングを紹介されていますが、特定の弱い筋肉があればそのユニットが成り立ちません。
本当にコンディションが良くない時は、大袈裟な表現ですが微分して個々の筋肉の状態をチェックする必要が出てきます。

そうすれば、ユニットで動けるようになりパフォーマンスも自然に上がっていきます。

最近多い、広背筋が原因のギックリ腰

こんにちは、京都 長岡京のスポーツ障害専門院 楽水庵です。

少し暖かくなってきましたが、この間までは非常に寒かったせいもありギックリ腰の方が非常に多かったです。

以前に書いた「足元の冷え」から来るものは逆に稀で、ほとんどの方は何かを持ち上げようとしてやってしまわれます。

そして、その時にやってしまった筋肉のほとんどが「広背筋」。

下にある物を持ち上げようとすると広背筋は伸ばされます。
その時に伸びきってしまい傷めてしまったと推測されます。

下の写真の方も、灯油缶を持ち上げようとして発症されました。

では、何故寒い時期に広背筋が原因のギックリ腰が多いのかというと、やはり肩甲骨の動きとも関連があるでしょう。
広背筋は肩甲骨の外側を通り上腕の付け根に付着しています。

当然肩甲骨の動きが悪くなれば、広背筋の機能は影響を受けます。
どうもこれが一番の原因ではないかと思っています。

ギックリ腰にならない為にも肩甲骨はしっかり動くようにしておきましょう。

ishida_20150211.jpg

案外多い、円回内筋が原因の手掌の痛み

長岡京市にある、京都府で唯一のキネシオテーピング協会認定治療院であるスポーツ整体院 楽水庵です。

この間、器械体操をやっている男子中学生の手掌の痛みの原因を見つけ出すのに苦労して、やっと円回内筋に辿り着いた事を書きました(リンク参照)。

その中学生は先日また来ましたが、すこぶる手の調子は良いようです。

前のブログでは、何故平行棒の時にだけ痛みが出るのかを手が小さいからだと推測していましたが、どうやらそれは間違っていました。
平行棒を持って体を支えた時に前腕を回外させるから、が正解のようです。
その為に円回内筋が伸ばされて痛みが出るのでしょう。

平行棒の間隔を狭くすれば回外の度合いも減少するのでしょうが、中学生曰く「そうすると演技がやり辛い」そうで、痛し痒しですね(^_^;)

まあ、原因が判明したので、その症状が出ないように平行棒をする前やした後に対策をすれば大丈夫でしょう。

このように、スポーツ障害を取り除くには、どういう動きをしてなったかをしっかり見極めなければいけません。

そして、前回のブログを読んだ肩のトラブルで通っている大学生(カヌー部)が、「ひょっとしたら自分の右親指もそれが原因かも?」と言ったので、確かめるとやはり円回内筋が原因でした。

カヌー(カヤック)は自分もしていたのでよく判りますが、右手首でパドルのシャフトを捻ります。
そうしないと左右のブレードが上手く水を掴めないからです。
それも回外方向に捻ります。
だから、右前腕だけ円回内筋が伸ばされてしまうのです。

また、スポーツではありませんがピアノの先生が左手のバネ指で来られた際にも、やはり同じく円回内筋の筋低下による圧痛がありました。
親指を軸に手首を回すような弾き方をされていたからでした。

正直今までそういう方があまり来られていなかったのか、それとも自分が見過ごしてきたのか不明ですが、立て続けにそういう方が来られたことにより自分の対応ができるようになった事は非常にありがたく思います。

足の痺れ、法隆寺マラソンにて

お元気ですか。
手や足の痺れを得意とする、京都府長岡京市のスポーツ整体院 楽水庵です。

先日、奈良斑鳩町で開催された「斑鳩法隆寺マラソン」へキネシオテーピング協会関西支部の仲間とテーピングサービスに行った際の事。

私が別の方にテーピングをしていると、隣の仲間に30代の女性が「足の指が痺れる」と言っておられたのが聞こえた。
手が空いたので、その女性に話を聞くと右の3趾に痺れが出るとの事。

これは仙椎2番の神経障害だなと感じたので、仲間と交代してその方を受け持つ。
案の定、右内転筋のテストをすると反応できず。
仙椎2番の神経障害があると内転筋が働かない。

他にないかとチェックすると右仙椎3番の神経障害もあった。
これは筋肉テストは無理なので、皮膚感覚テストのみ。
下腹部(かなり下)の左右を軽く叩いてみて感じ方で確認する。
右の感覚がかなり薄い。

この症状だと腰痛を感じる筈なのだが、腰は痛くないとの事。

しかし、実際に仙椎2番・3番にジェルフィッシュテープを貼ったところ、腰が軽くなった実感を持たれた。
痛いというのではなく、重怠い感覚だったのだろう。
普段慣れっこになってしまうと判りにくいのかも知れない。

これで痺れも取れたようだったし、快適に走られたのではないかと信じている。

123

« 2015年1月 | メインページ | アーカイブ | 2015年3月 »

このページのトップへ