• 楽水庵とは??整体院院長紹介
  • 楽水庵の施術について
  • よくある質問
  • お客様の声パフォーマンスアップ例
  • アスリートの方へ
  • リンク集
  • NEWS&TOPICS
  • 楽水庵ブログ
  • 楽水庵を推薦していただいております
楽水庵 店舗概要

【住所】
〒617-0828
京都府長岡京市馬場2丁目6-8

【電話番号】
090-1902-9553
075-925-5951

【営業時間】
10時~12時 / 14時~16時
17時~19時 / 20時~22時
※完全予約制

HOME > 楽水庵ブログ

楽水庵ブログ

8月5日(土)に神楽坂でセミナーやります!

こんにちは、楽水庵です。

タイトル通り、8月5日土曜日の18時より東京神楽坂でセミナーを開催させていただきます。
東京の仲間にまた段取りしてもらいます。
インターハイボート競技のサポート(後半は別の仲間と交代)からの帰りです。
このセミナー終了次第京都まで車で帰ります、またハードですね(^_^;)

今回のセミナーでは、今年になってから発見した首から全身のバランスを整えていく『ニュートラルにリセットする』テーピングパターンを紹介して実践してもらいます。
このパターンを実践していくと、本当に「真っ直ぐ立てる・真っ直ぐ歩ける」のを実感してもらえると思います。

20161126tokyo_2.jpg



また、頚椎の詰りがある方に対してその詰りを胸椎や腰椎からのアプローチで緩和するテーピング、腹筋が効きにくい方へのアプローチ、首・肩・上肢を楽にする肩甲下筋のリリース等も紹介して実践していただきます。

ただ紹介するだけではなく、参加される皆様がこのテクニックを実践できるようになっていただきます!


日時は、8月5日(土)18時~21時
場所は、申し込まれた方に連絡させていただきます(東京メトロ東西線 神楽坂駅から徒歩5分程度)。
参加費は、4,000円(大学生以下は3,000円)


楽水庵







ギックリは「突然」来るのか?

こんにちは、楽水庵です。

この間昨年12月にギックリ腰をされて以来腰痛に悩まされている女性の施術をしている際に、タイトルの言葉を問いかけました。
果たしてギックリ腰は本当に「突然」来るのか?

この場合、外的要因(ぶつかる等)は除外します。
私自身何度もギックリ腰をやって、痛い思いをかなりしました。
腰痛で当院にお越しになる皆さんの気持ちもよく判っているつもりです。
「椅子から立ち上がった際・車から下りた際にメチャクチャ痛い」、「仰向けで寝られないし、起きる時に一度横を向いてからゆっくり動かないと痛くて堪らない」みたいな体験も結構あります。
特に4年前秋にやったやつは強烈で、結局本格的に良くなるのに3ヶ月ほど掛かりましたね。

しかし、そのどれもが本当に「突然」やってきたかというと、トレーニングで凄く無理をした時(これはどちらかといえば外的要因になりますね)以外では、予兆みたいなものが前日とかにありました。
「ちょっと変だな」と思って、それが消え「大丈夫かな」と安心したらその後「ドッカーン」と来る、というパターンが多いですね。
一度違和感が消えるのは、本当に「嵐の前の静けさ」みたいなものでしょう。

現在私は筋膜や神経の繋がりで身体を診ているので、腰の症状が良くない方の本当の原因が結構肩や首にあるのを多く見ています。
特に首と腰は互いに影響しあっており、「腰を良くするには首を、首を良くするには腰も」良くしなければ本当の意味での回復はないと感じています。

今から思うと、数年おきにギックリ腰をしていた頃の私は首のバランスが結構悪かったのでしょう。
それが臨床を重ね、お越しになる方の首を改善する事がちゃんとできるようになると同時に自分の首の状態も判るようになってきました。
私は頚椎5-6番間に詰りがあり、それをジンクパターンで呼応している胸椎12番-腰椎1番間へのアプローチで減少させています。
そうする事によって、腰だけでなく首も楽になってきています。

もちろん、これから絶対にギックリをしない保証はありませんが、リスクは結構減っていると思います。
それが、以前の私と同じように何度もギックリ腰をされる方は、腰の痛みはその時にとれても全体、特に首のバランスが整わないままなのでしばらくするとまた起こすのです。

ですから、ギックリ腰を含めた腰痛の方で首や肩に問題が全くないという事はありません。
主訴が無くても、それは「本人が感じていない」だけなのです。

この連鎖を断ち切るには、やはり一度身体のバランスを整え『ニュートラルにリセット』する必要があります。

そして、本当に突然来るギックリ腰は少なく、大体が何か前兆があるのです。
それを感じられるかどうかが必要になってきます。
定期的にチェックと調整が必要でしょう。

私は普段ハードコンタクトレンズを装用していて、最近は小まめに3ヶ月ごとに検診に行っています。
もう歳なので眼のトラブルがないか診てもらう為です。
近視ですが、近視でも老眼になります。
40歳を過ぎた辺りから向こうが老眼を気にして、検診の度に「カナ文字表」を渡してどこまで小さな文字が手元で読めるか確認していましたね。
最初の頃は矯正後に一般視力が1.5で手元視力も1.5あり、スタッフの若い人が「私よりも手元が見えてますね」と言ってくれていました。
それが50歳になっていくうちに段々と近くが見え辛くなってきたのを実感しています。
私の同級生で40歳そこそこで結構な老眼になっている人もいましたが、たいてい「急に来た」と言っていましたが、そんな訳はありません。
そういった人はほとんどが視力が良いので眼科とかに行く必要がなく、視力を図るのは健康診断か免許書の更新時ぐらいで、それも一般視力のみで手元視力を測る事はありません。
ちょっとずつ手元視力が落ちているのに気付かなかっただけなのです。
ゆっくり下り坂を転げていてある時点で加速が付き初めて実感するのでしょう。
なかなか「定点」がないと実感できないのも事実です。

首や腰もこれとまったく同様の事が言えます。
やはり定点を作っておく必要があるでしょう。
そうすれば自身の状態を確認できるし、『ニュートラルにリセット』しやすいと思います。

楽水庵



ボート選手、フィニッシュからリカバリー時の腰痛

こんにちは、楽水庵です。

腰痛と言っても腰だけケアすれば痛みが軽減する訳ではありません。
特にある動作をした際に限って発生するものに関しては、何故起こるのかをしっかり全身に渡ってチェックしなければ問題は解決しないでしょう。

大学のボート部選手。
腰椎ヘルニアや坐骨神経痛も軽減してかなり良い状態になってきたと思っていたのですが、少し漕ぎを変えたせいか先週ギックリ腰になりました。
そのギックリ腰もかなり楽になってきてはいるのですが、エルゴを引いた時にフィニッシュの際とリカバリーで上半身を前傾にする際に痛みが出たので先週末のレースは自重したそうです。

もちろん腰のバランスもあるのですが、それを整えても上に書いた症状は残っていました。
そこで、肩甲骨・肋骨のバランスをチェックして、まず左の肩甲下筋の張りが強いのに気付きリリース。
これでエルゴを引いてもらうとリカバリー時の痛みは引きました。

ただ、フィニッシュで引ききった後に腰が少し落ちるとまだ痛みが残っているので、再度チェック。
すると、右前鋸筋と季肋部の動きが悪いのでテーピングで整えて再度エルゴ。

kenkoukakin&kirokubu.jpgkomatsu.jpgすると、フィニッシュ時の痛みも消えました。

このようにある動作をして腰に痛みが出る場合は、腰が原因とは限りません。
首は腰と連動しているので、どちらかというと「一つもの」と考えた方が良いでしょう。
それよりも、肩甲骨や肋骨の動きをしっかりチェックした方が的確に原因を探る事ができるのではないでしょうか。
ボートはハンドルを持ってやる運動なので、肩甲骨や肋骨の状態が悪くなればどこかにストレスが掛かります。
この彼の場合は、腰にウィークポイントがあるので腰痛になったのでしょう。
『痛みの出る場所と問題を起こしている場所は一緒とは限りません』

このような場合エルゴでビフォー・アフターを確認できるので、やはり買っておいて本当に良かったと思います。

楽水庵





7月31日(月)に福島県喜多方市で筋膜リリースセミナー

こんにちは、楽水庵です。

7月31日(月)の夜に福島県喜多方市(おそらく山都)で筋膜リリースのセミナーを開催します。

29日・30日に福井県美浜で開催される全中(全国中学生選手権)のサポートをした後に、宮城県長沼で行われるインターハイボート競技へサポートに行きます。
その途中に喜多方へ寄らせていただきます。

20161126tokyo_2.jpg

いつもはテーピングのセミナーなのですが、5月に福島空港近くで行ったセミナーの内容を、今回はテーピングではなく筋膜リリースで行ってみようと思っています。
ですから、皆さんの様々な症状を改善するリリース(及びストレングストレーニング)だと思ってください。

特に最近肩甲下筋のリリースをキッチリすると、首・肩・腕が楽になる事が判りました。
その後に首のリリースを行うと、下半身の症状もかなり改善されます。
順番でいうと、肩甲下筋→首→下半身にリリースするのが良いと思います。

もちろんテーピングも一緒にやれば良いのですが、あまり詰め込み過ぎて理解していだけない・実践できない内容にしても良くありません。
ですので、今回はリリースのみでやりたいと思っています。

最近判ってきた不調のパターンを理解してもらって、どういう風にやっていけば『ニュートラルな状態』に整えていけるかをやります!

ご家族や部活で実践していただけるようなものにしたいと思っていますので、お近くで興味のある方は是非ご参加ください。

まだ会場・時間は未定ですが、お問い合わせくだされば判り次第連絡させていただきます。


楽水庵







利き手親指の傷め方次第で痺れを助長する事も

こんにちは、楽水庵です。

以前に手首を屈曲した際に手首周辺に痺れを起こした男性に、胸鎖乳突筋や中斜角筋のアプローチをすると症状が改善した事を書きました(リンクあり)。

その男性ですが前回から2週間後に来られ、かなり症状は良くなっているがまだ時折少し痺れが出ると言われました。
前回のアプローチ自体は良かったと感じているので、今回も前回と同様に、そして肩甲下筋のリリース(リンクあり)もしっかりと行いました。

これでだいぶ状態は良くなっていると判断したのですが、前腕の回外筋や腕橈骨筋をリリースをしている際に痛みが出ました。
これらの筋肉は上腕二頭筋を緩めると良くなるのですが、今回の場合は上腕二頭筋は良い状態だったので、どうも違うようです。
試しに円回内筋や腕橈骨筋にテーピングをしてみましたが、あまり改善はできず。

そこで、今度は親指に注目しました。
前に何回か書いていますが、親指、特に利き手の親指というのは酷使されています。
私などは仕事のせいか、左右どちらも傷め、それが筋膜の関係で首の張りに繋がって大変だった時期もあります。
主な原因は、親指を反らしてグッと何かを押したりする動作のようですね。
これによって親指の靭帯と母指対立筋を傷めます。

母指対立筋とは、平たく言えば親指と他の4本の指を「くっつける」筋肉です。
人差し指とはあまり関係ないですが、中指~小指と離れた指になるほど親指と指先の腹を合わせ辛かったら、ほぼ母指対立筋を傷めています。
そして、母指対立筋のテーピングと一緒に母指の根本の関節(MP関節と言う)の内外側副靱帯にテーピングすると効果は更に上がります。
母指対立筋テープだけだと中指・薬指とは楽だけど小指はまだ少し辛い、といった感じですが母指MP靭帯テープを貼ると小指とも楽に合わせられます。

my_thumb1.jpgmy_thumb2.jpg
他にも親指のトラブルはありますが、ほとんどの方に起こっている症状はこれです。
そして、ここを改善すると前腕の筋肉も正常に動くようになります。
この男性のように痺れが出やすい方も、かなり症状が出にくいようになっていきます。
よく言うのですが、痺れが出やすい処とは骨格や筋肉の付き方によってある程度決まると思います。
ですからある程度はウィークポイントなのは間違いないでしょう。
それでも、しっかりと状態をチェックして「整える」事によってかなり良い状態にする事は十分可能だと思っています。

楽水庵


両方の掌に痺れ

こんにちは、楽水庵です。

元々右上腕がダル痛かったり、右中指の痺れがあったりして通っておられる男性ですが、今回は両方の掌に軽い痺れを感じると来院された際に言われました。

斜角筋、特に中斜角筋の問題が一番考えられるのですが、とりあえずは肩甲下筋からアプローチしてみましょうと説明してリリースしてみました。
前にも書きましたが、肩甲下筋を先ず緩めると腕全体や首・肩もかなり楽になるそうです
「なるそうです」としか書けないのは、私はリリースするだけで自分自身にセルフリリースをするテクニックをまだ開発していないからです。

この男性に肩甲下筋のリリースをしてみた結果、掌の痺れは収まりました。
それ以外に右人差し指に少し痺れがありましたが、前斜角筋のテーピングとリリースだ解消しました。

掌に痺れが出ている全ての方が肩甲下筋のリリースで症状が改善するかどうかは判りませんが、少なくともこのリリースにより腕の疲れとかはかなり軽減するので、先ずリリースしてそれでも痺れが残っているのなら他の原因を探っても良いのではないかと思います。

先ほども書きましたが、セルフリリースを含めてもっと肩甲下筋のリリースの精度を上げる、そしてリリース時の痛みを軽減してあげる事も追及していかなければいけません。


楽水庵

第5回公開セミナーは7月8日(土)、第6回は7月22日(土)

こんにちは、楽水庵です。

第5回公開セミナーを、7月8日(土)17時~19時に開きます。
テーマは、『後頚部と頚椎の詰り』です。
後頚部の筋肉を整えていくのと、頚椎の詰りがある人はどう解消していくかをやっていきます。

後頚部に関しては肩甲骨周りと密接に繋がっていて、肩こりや痺れの原因にもなっています。
その現象をどうすれば改善していけるか学んでいきます。

第6回公開セミナーは、7月22日(土)17時~19時です。
テーマは、『仙腸関節と股関節周り』
ボート選手には仙腸関節の動きが良くない人が結構多いので、どうすれば動きを良くできるか、いろんなパターンからその人に最善のテーピングができるようになってもらいます。
それと、一度やりましたが再度仙腸関節と併せて股関節も勉強していきます。

20170617kouza.jpg20170527toda_shindo.jpg会場は当院楽水庵。
参加費は、どちらも¥2,000です。





特にオフィス勤めの方に、「腕が軽くなる」筋肉は?

こんにちは、楽水庵です。

タイトル通り腕全体が軽くなる筋肉は?と問われれば、イの一番に出てくるのが「肩甲下筋」です。
この筋肉はズバリ「腋」の筋肉で、肋骨と肩甲骨に挟まれています。
オフィス勤め等で同じ姿勢でいると、まずここが固まってきます。

この筋肉をリリースすると本当に腕が軽くなるそうです。
「そうです」と書くのは、私自身はリリースするばっかりなので来院された方の感想を聞くだけなのと、あまり自分自身腕が重いと感じないものですから。

この間女子高生に伴ってこられたお母さんにしてあげたところ腕はその場で軽くなり、普段肩がガチガチなのですが、翌日肩を触った知り合いが普段とあまりにも違うのでビックリしたそうです。

アプローチとしてはかなり拘縮が強い場合はテーピングもしますが、直接リリースする方が非常に効果的です。
ただ、このリリースですが最近になってかなり上手くなったと自分でも感じていますが、以前は少し強引だったもので受け手の方もかなり痛みを感じられましたが、やっている方の私も結構指をつりました(^_^;)
小さな女性でも肩甲下筋はかなりガチガチになっている方はおられます。

今のやり方ですが、肩甲下筋のストレングストレーニングを行った後に腋に指を入れ、同時に肩甲骨の筋膜を肩口の方に誘導してしばらく待ちます。
少し経ってくると徐々に緩んできますので、更に肩甲骨の筋膜を動かしていくと指が肩甲骨の奥まで届きます。
決して指の方を先に突っ込もうとしない方が良い結果を伴いますね。

以前は施術の流れで最後の方に行っていましたが、最近では前半の方で行っています。
その方が腕のリリースとかを行っても解れ具合がかなり違うからです。


また腋を触られて「痛い」のではなく、「くすぐったい」人も大抵は肩甲下筋が固くなっています。
以前も書きましたが、「くすぐったい」というのはその箇所の不調を物語るバロメーターでもあるのです。


楽水庵



午前中の頻尿が大幅改善、私です(^_^;)

こんにちは、楽水庵です。

私自身の事ですが、仙椎にジェルフィッシュテープを貼る事により午前中の頻尿が大幅に改善しました。

夜間頻尿はないのですが、ここ最近は朝仕事をしだして1時間ほどすると尿意が強くなり、施術を中断してトイレに行く毎日でした。
仕事前にもトイレを済ましているのにです。
ましてやそんなに寒い時期でもないし、朝摂るコーヒーのせいかなとも思っていました。
しかし、昼からはコーヒーを飲んだ後でもそんなに尿意は感じません。
普段は自分の処でやっているのでまだ良いのですが、戸外だったりしたら辛いですよね。

それがこの間胸椎12番ー腰椎1番の椎間板へジェルフィッシュテープを貼り替えた際に、ついでに仙椎2番ー3番の椎間板にも貼ってみたところ、状態が大幅に改善しました。
ここへは他人にはよく貼っているのですが、自身に貼るのは初めてでπテープを左右それぞれS3神経の通り道へ貼るぐらいでした。
しかし、ここの椎間板を触ってみるとやはり違和感があり、一度試してみようと思いました。

貼った事を忘れて次の朝仕事をしていても昼過ぎまで全然大丈夫だったので、「何でかな~?」と感じていたぐらいです。
それからは、朝仕事をしていても途中でトイレに行きたくなるような尿意を感じる事はなくなりました。

仙椎2番ー3番の椎間板が詰まっていると、女性では月経痛がひどくなり、男女共通して腹筋(腹直筋・外腹斜筋)が機能低下してその結果鼠蹊部が詰まったりする事がよくあります。

私の頻尿に関して言えば、前立腺の可能性もあるのかも知れませんが、結構若い頃からトイレは近い方だったのでよく判りません。
ただ、夜に何度もトイレに行くという事はなかったので、単に椎間板が少し詰まっていた事が前立腺を刺激していたのかも。
テープを定期的に貼り替えてしばらく様子を見てみます。

楽水庵




第4回公開セミナーを開催しました

こんにちは、楽水庵です。

先日17日に4回目の公開セミナーを開催しました。

20170617kouza.jpg

今回は、私が今年見つけた『身体の傷めるパターン』のおさらいで、特に首周りのテーピングを実際受講者に貼ってもらいビフォー・アフターを感じてもらう事に主眼を置きました。

このパターンは今のところ私が施術(ブースを含む)した方達全員に当て嵌まり、例え主訴が変形性膝関節症であろうがヘルニアであろうがまずはここからアプローチしていくべきと私自身が考えています。
特に首は最初にチェックすべきところで、時間を掛けて学習してもらいました。
実際首の不調が肩周りとかだけでなく、下半身に大きな影響を及ぼしています。

ただ、私のテーピングは単に筋肉にアプローチしているだけでなく同時に筋膜リリースも兼ねているので、その考え方や筋膜を誘導して緩んでいるのを感じなければいけないので、見た目は非常にシンプルなのですが少しでもテーピングした事のある人には非常に難しいらしいです(^_^;)

肝心要のところなので、何回でも繰り返して覚えてもらうつもりです。
逆に1回見ただけでスッとできれば天才でしょうね(笑)

楽水庵


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ