• 楽水庵とは??整体院院長紹介
  • 楽水庵の施術について
  • よくある質問
  • お客様の声パフォーマンスアップ例
  • アスリートの方へ
  • リンク集
  • NEWS&TOPICS
  • 楽水庵ブログ
  • 楽水庵を推薦していただいております
楽水庵 店舗概要

【住所】
〒617-0828
京都府長岡京市馬場2丁目6-8

【電話番号】
090-1902-9553
075-925-5951

【営業時間】
10時~12時 / 14時~16時
17時~19時 / 20時~22時
※完全予約制

HOME > 楽水庵ブログ > 地域 NO.1!!京都 楽水庵の顎関節症ブログ > 「旦那が早食いだったと思っていた・・・」顎に関する2話

楽水庵ブログ

< 「耳を軽く引っ張るだけで痛い」、原因は?  |  一覧へ戻る  |  手に力が入りにくい原因の一つ、ひょっとして腰痛も >

「旦那が早食いだったと思っていた・・・」顎に関する2話

こんにちは、京都長岡京市の楽水庵 水谷です。

顎が痛い等の顎関節症を抱えておられる方の大きな特徴に、「やたら食事を摂るのに時間が掛かる」というのがあります。
ハッキリした痛みが無くても、今までより倍、中には3倍も時間が掛かる場合は要注意です。
歯のトラブルがなければ、原因の大半が顎を動かす筋肉が正常に働かないので「よく噛めない」、つまり咀嚼能力が著しく低下しているのです。

最近お越しになられた30代女性もその傾向が顕著で、噛む力が物凄く低下していました。
直前に観えられた方が「食事に今までの倍時間が掛かる」と自覚されていたのに対し、そういう自覚がありませんでした。

昨年結婚されたとの事なので、「ご主人と一緒に食事していて自分が遅いと思わなかった?」と尋ねたら、
「旦那が早いと思っていました。よく噛まずに飲み込んでいると思ったので注意していました」との事。
いやいや、余程の早食いだったらともかく間違いなくあなたが遅いんですよ(^_^;)
帰ったらご主人に謝ってねと言っておきましたが、果たして・・・


もう一つ、3年以上通っておられる50代女性。
前回「耳を軽く引っ張って痛がる場合は顎の問題が考えられる」という事を書きましたが(リンク)、この方の場合は正直言って3年以上通っていただいているのに顎の事は度外視していました。

たまたま耳の話をしていたら25年以上前に右顎のクリック音が隣に聞こえるほど大きくなり、当時は口腔外科があまりなかったのですが、大学病院に行ってマウスピースを作った事があると話されました。
その後クリック音がしなくなり放置していたが、今でも食事は左側でしか噛んでいないとの事。
まず右側では噛もうという気がしないそうです。

これは靭帯の弛みは以前に比べてマシにはなっているものの、右顎の筋肉が固くなっている可能性が高い。
口を開けてもらうと、案の定右の開きが遅れています。

という訳で、いつもの施術の最期に顎を少しやりました。
すると、「今まで右顎は一度ずれてから開いていたが、スッと開くようになった」と言われました。

元々踵の痛み等でお見えになったので、私も顎の事は気にしていませんでした。
ある種自己申告みたいなところもあったのですが、まだまだお越しなっている方々の現状がしっかり見えていないな~と反省しております。

楽水庵



カテゴリ:

< 「耳を軽く引っ張るだけで痛い」、原因は?  |  一覧へ戻る  |  手に力が入りにくい原因の一つ、ひょっとして腰痛も >

同じカテゴリの記事

「耳を軽く引っ張るだけで痛い」、原因は?

こんにちは、京都長岡京市の楽水庵 水谷です。

最近は頭を施術する際に軽く引っ張ります。
これも頭蓋の筋肉をほぐすのに役立つからです。

我々の祖先はもっと耳を動かせたと思います。
耳自体に筋肉はないので、こめかみやその周りの筋肉を使って動かしていたのでしょう。
今でも動かせる人がいるのがその証です。

ただ、元々耳を動かせたのが必要性がなくなり動かさなくなった事により言うなれば若干重い耳という感覚器官が頭蓋からぶら下がっている状態なので、少し強制的に動かしてみる事も頭の筋肉をほぐす助けになります。
下半分は結構顔を動かした際につられて動く事がありますが、上半分はなかなか動かないので軽く引っ張ったり回したりするのも良いでしょう。


そうやって耳を軽く引っ張った際、ほとんどの方は痛みを感じません。
しかし中には結構痛みを感じる方がおられます。

私も初めは耳の問題かと感じていました。
もちろん、そういった方もおられるでしょうが、そういった痛みを感じられる方のほとんどが顎の問題を抱えておられます。
特に顎関節周辺の「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」という下顎骨を開ける筋肉が固く癒着している場合に耳まで影響を受けるようです。
「耳鳴り」の原因も顎からという事もあります。
そして、そういった方に顎の施術をしてから再度耳を引っ張ってみると痛みが出ません。

「口が開きにくい」、「口を開けると顎が痛い」等の症状も勿論顎関節症の症状ですが、それほど顎に痛みが出なくても耳を軽く引っ張って痛みが出る場合、その痛みの出ている方の顎関節は状態が良くない可能性が考えられます。
気になる方は一度試してみてください。
そして痛い方の奥歯で自分の指を軽く噛んでみてしっかり圧が掛かっているかチェックされた方が良いでしょう。


楽水庵



「私、かなり口の奥が狭かったんですね・・・」その原因の一つは

こんにちは、楽水庵です。

口を開ける際顎にクリック音がし、またストレスがたまると顎を鳴らしたくなるという女性の3回目の施術を先日行いました。

初めてお越しになった際からかなり開口が良くない印象だったのですが、ご自身はそれほどでもないと思われていた模様。
2回施術を行いましたが、外側翼突筋の癒着が非常に強く最後までたどり着けませんでした。
よって口の中が拡がったという感覚がなく、施術直後少し顎は楽になったものの、ハッキリ言ってまだ中途半端な状態。
ですから、1週間後に来られた時はほとんど元に戻っています。

これではやっている意味があまりないので、より丹念に施術したところかなり口の奥がほぐれて拡がりました。
開口もスッといくようになり、その時に「私、かなり口の奥が狭かったんですね」と実感を込めて言われました。
おそらく以前からの症状だったので、「こんなもの」と思われていたのでしょう。
他の人と比較できないものは結構ありますので。

この方の場合ですが、外側翼突筋がオーバーストレッチで固くなっていたと思われます。
原因の一つとして、上下の歯が上手く合わさっていないので噛みしめた際に口が締り過ぎてしまう点があります。
この為に顎を開ける筋肉である外側翼突筋や側頭筋がオーバーストレッチになり、逆に顎を閉じる筋肉である内側翼突筋や咬筋がオーバーワークしていたと考えられるのです。
顎二腹筋や舌骨も動きが悪くなってしまいますし、靭帯に負担が掛かります。

その為に精神的なストレスだけでなく顎周辺のストレスも結構あり、それを解消する為に顎を鳴らしたくなったのでしょう。
それが余計に靭帯に負担を掛けていました。

精神的なストレスに関しては関知できませんが、口の奥が拡がったので少なくとも顎周辺のストレスは減少している筈なので、鳴らすのは控えていただきたいと思います。

また、歯の位置は私では何ともしがたいですし、これだけで歯列矯正も必要ないのではと考えます。
起きている間は少し歯を合わせ過ぎないように気を付けて、就寝時はマウスピースをされると良いでしょう。


楽水庵











顎が弛(たる)んでいるから、ダイエット?普段口が半開きの人は?

こんにちは、楽水庵です。

最近また顎の痛み等でお越しになられる方がボチボチ増えてきました。
その中で気になっている事柄があります。

おおむね顎の調子が良くない方の多くが、生まれつき(構造上)顎が小さい。
それだけなら親不知が上手く生えない等のトラブルぐらいで済むのですが、どうも生まれつき顎の小さな方は「顎二腹筋(がくにふくきん)」という、側頭部からエラの部分を経て頤(おとがい)に繋がっている筋肉のボリュームが、私のような顎のしっかりしている(えらが張っている)のに比べて圧倒的に少ないのです。

gakunifuku.jpg

よって、少しの体重増加や運動不足によって如実に顎のラインが弛(たる)んでしまわれます。
もちろん、自分の体調や体型の管理で顎が弛んできたらダイエットや運動されるのも良いでしょう。
しかし、過度にされるのも如何かと思います。

先ほども書いたように、顎二腹筋のボリューム不足によるものが一番の原因と思われます。
だから、少しでも顎二腹筋を活性化する必要があるでしょう。

顎二腹筋の機能は、「口を閉じる」事です。
この筋肉が弱ってくると、口を閉じたままでいるのがしんどくなり、自然と口が半開きになるようです。
今通っている中学生がこの状況でした。

やはりある程度口を開けた状態から口を閉じていく、というと何か難しい事を書いているようですが、要は食事の時に「よく噛んで食べましょう」で良いのではと感じます。

それと、口を閉じた状態で頤を前後させる運動も良いでしょう。
口を開けた状態でやると靭帯が弛んでしまう恐れがあるので注意してください。
その際にエラの貼っている部分を動きやすい方向に軽く誘導して(ほとんどの方が手前に引くと楽です)やると更に楽になるでしょう。

こうした事を地道にやって行くと顎のたるみは徐々に解消していく筈です。
そんなに太った訳でもないのに顎のたるみが気になる場合は、先ずこちらからやってみる事をお奨めします。
何でもかんでもダイエットは、少し乱暴な気がしますね。

最後に、顎二腹筋は側頭骨に繋がっている関係からこの筋肉が固くなると側頭筋も張ってしまいます。
逆に顎二腹筋を緩めると側頭部は柔らかくなりますので、片頭痛でお悩みの方も一度試していただけたらと思います。

楽水庵








「時々食べる時にこぼします」口が開いていないせい?

こんにちは、楽水庵です。

今日初めてお越しになった20代後半の男性。
右肩・腰の不調で来られたのですが、どうもお顔を拝見すると顎、特に頤(おとがい)の位置が左にずれていました。

「顎良くないようですね」というと、初めは「そうですか?」という反応。
試しに口を開けてもらうと、右の開くタイミングが遅れていました。
そして、食事の時に時々口元からこぼす事があると話されました。

少し前のブログで、中学生で顎の状態の良くない子がチームメイトに比べて食事のスピードが遅い事を書きました(リンク)。

この男性もその中学生と同じように食事の時に思っているより口が開いていない可能性が高い。
その為にどうしても口元から食べ物がこぼれてしまうのでしょう。

チェック及び調整していると、右の胸鎖乳突筋もそうでしたが顎二腹筋の詰りがきつく、側頭骨下顎骨靭帯の弛みも少しありました。
そして、予想通り右外側翼突筋の張りが強く中で癒着していました。
特に外側翼突筋が拘縮というより伸ばされて固くなっているので頤が左にずれていたようです。

これらの調整後に咬筋の機能を上げるエクササイズを行い、口を開けてもらいましたが・・・
本当にビックリしました!
一瞬顎が外れたのかと思うぐらい楽に口が開きます。
本人も驚いておられましたが、施術を終えた方が口が楽に開くのを見慣れているつもりの私でさえ「え、ここまで開くの?」と思ったぐらいでしたから(笑)

後で言われていましたが、歯医者さんで結構「もう少し口を開けてください」と言われていたそうです。
これからは、こう言われる事もなくなっていくでしょうね。

楽水庵


身体の状態のせいか、それともストレスのせい?最近来ている子達の顎

こんにちは、楽水庵です。

最近野球をやっていて身体のいろんな処を傷めている中高生がよく来ています。
もちろん、主訴は腰・肩・膝等様々ですが、皆共通して顎の状態が良くありません。
口が開きにくのです。

ある中学生は本当に見るからに口が開き難そうだったので、「君、ご飯食べるの遅いやろ?」と聞いたらビンゴ!
チームの中でも食事が遅いので有名だそうです。

頑張ったら一応ある程度は大きく開くのですが、2アクションでないと開かないので食事の際には無理ですね。
一々2アクションで口を開けて食べる人はいませんから。

別の子もなにか下顎のバランスが良くなさそうなので口を開けさせたら案の定でした。

所謂スポーツ障害のテーピングを中心とした施術ですが、どちらにしても私は首のバランスから整えていくので主訴の方を片付けてからオマケみたいにちょこっと顎の施術をします。
外側翼突筋・内側翼突筋・それと咬筋のリリース程度です。


それでも見違えたように口が開きやすくなりました。

この症状を考えてみると、確かに首とかの状態も関係あるのでしょうが、それよりもストレスが一番の原因かなと思ったりします。
うちに来るまで結構長い間痛みを抱えていたようなので。
結構傷つきやすい年代なので、そういうのもあるのかも知れません。

ただ、こういう子らが「先に顎の調整をすれば、他の処も楽になる」とは思いませんね。
この場合顎の施術はあくまで補助的なものでしょう。
ただ、やってあげれば更に楽になるのは間違いありませんが。


楽水庵



このページのトップへ