• 楽水庵とは??整体院院長紹介
  • 楽水庵の施術について
  • よくある質問
  • お客様の声パフォーマンスアップ例
  • アスリートの方へ
  • リンク集
  • NEWS&TOPICS
  • 楽水庵ブログ
  • 楽水庵を推薦していただいております
楽水庵 店舗概要

【住所】
〒617-0828
京都府長岡京市馬場2丁目6-8

【電話番号】
090-1902-9553
075-925-5951

【営業時間】
10時~12時 / 14時~16時
17時~19時 / 20時~22時
※完全予約制

HOME > 楽水庵ブログ > スポーツ障害等でお悩みの方に!!京都 キネシオテーピングのプロ > 右手が握れなくなる・・・

楽水庵ブログ

< オスグッドの症状でチェックすべき箇所  |  一覧へ戻る  |  好奇心の強い選手達が好成績(*^。^*)全国高校選抜 >

右手が握れなくなる・・・

京都府長岡京市の 『痛みの探偵』 楽水庵です。
 

長い間ブログを更新できていませんでした、申し訳ありませんm(__)m
これからボチボチ続けていきますので、よろしくお願いします。

この間お越しになった常連の男性が、「数日前に右手がダルくなって残業後手が握れなくなったぐらいでした」と話されました。
裁断やミシンを使うお仕事をされていて、その上最近荷物運びも多かった模様。

チェックしていくと、まず右の上腕二頭筋と腕橈骨筋の機能が著しく低下、それと胸鎖乳突筋・肩甲下筋・円回内筋も状態が良くありませんでした。
それと忘れてはならないのが、親指の靭帯の弛み。

それらをテーピングで調整し機能回復させると、非常に楽になられました。

もちろん、そういう症状が出たからといって、かならず原因がそれらにあるとは限りません。
矛盾しているようですが、ある程度予想は立てながらもできるだけ余計な先入観抜きにその方の身体をチェックする事が必要なのかも知れません。

楽水庵

 


カテゴリ:

< オスグッドの症状でチェックすべき箇所  |  一覧へ戻る  |  好奇心の強い選手達が好成績(*^。^*)全国高校選抜 >

同じカテゴリの記事

好奇心の強い選手達が好成績(*^。^*)全国高校選抜

こんにちは、キネシオテーピング協会認定指導員の 楽水庵 水谷です。

去る3月17・18日と恒例の、浜松市天竜で開催された「全国高校選抜ボート大会」へのサポートに行ってまいりました。
縁あって一昨年から3年連続でやらせてていただいております。

2017koukousenbatsu3.jpg2017koukousenbatsu2.jpg
それほど多くの選手が来てくれた訳ではありませんが、今回気が付いた点が。

それは、今回メチャクチャ痛くて来た訳ではないのだが、私達の活動に興味(好奇心)を持って訪ねてくれた高校生達が平均好成績を上げてくれた事です。
些細な事かもしれませんが、こういう事の積み重ねが選手達のポテンシャルを上げ、ひいてはパフォーマンスを上げてくれるのだと確信してこのサポートを続けています。

おそらくこんな事は記事にも何にもならないでしょう。
本当に私達がやっている事は「裏方」です。
そして、「裏方」はスポットライトを浴びるべきではないと考えています。
でも、後で成績を見て、「あ、この子達もやったな~、良かったな~」と感慨に浸れる幸せがありますね。
それが見返りと言えばそうなのでしょう。
また、それで十分です。


それと、もう一つ気が付く、というか本当はとっくに気が付いていなければいけなかったのですが・・・

それは、ほとんどの選手達の『仙腸関節』の動きが良くなった点です。
乗艇もそうですが、最近は冬期もエルゴメーターで練習する事が多い事も関係しているのでしょう。
常にシートに座っていると、仙腸関節の動きは制約を受けます。

それを解決するにはアップやクールダウンの際に横への動きを強調したものを採り入れた方が良いと思うのですが、話を聞いていても残念ながらそういった事をしているチームは大学・社会人を含めても少ないようです。
しかし、この内転・外転の機能が低下していると、実際ボートを漕ぐ能力も段々と低下していき痛みになっていく事も多々あります。

一見無駄に見えるかも知れませんが、「いつもの動きと違うもの」を採り入れる事は非常に重要だと感じます。


楽水庵







車の振動でさえ肩に響く・・・

『痛みの探偵!』 京都府長岡京市の楽水庵です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始もやってますと謳ったものの、元日は予約なし(笑)
まあ、それならとロードワークがてら初詣に行ってきて食後に公認コーチ共通科目の勉強(今月29日に試験)でもしようかと思っていた矢先電話が。

話を聞いていると、何か躓いた際(転倒はしていない)に元々五十肩で整形に通ってヒアルロン酸を注射してもらっていた処が物凄く痛くなってきたとの事。
まあ、どこまでやれるかは判りませんが来ていただく事に。

そして来られたのだが、とにかく車の振動が肩に響いて更に痛みが強くなり、力を入れようとすると堪らなくなるといった次第で自力で車から下りられない状態。
う~ん、新年早々からヘビーです。

家族の方から状態をお聞きし、一瞬脱臼かなと疑った。
もし脱臼なら、予後はできるが外れたのを私がするのは領域外なので直接本人にお聞きして少し肩を触ってみる。
すると脱臼ではないようなので、何とか手を貸し車から下りてもらい階段昇降機で2階に上がってもらう。

もう一度しっかり話を聞き直すと、最初は首を傷め次に右肩が痛くなったとの事。
首を下げると肩の痛みが増し、更に躓くと短時間肩が疼く症状が出ていた、今回は疼きが収まるどころか段々ひどくなり、当院に来るのに1時間ほど車に乗っていたら更に悪化した模様。

肩を触ってみると非常に熱感があった。
これは言ってみると、ギックリ腰みたいな症状と言えます。
この炎症がある限り、力を入れる状況になれば動揺が起こり強い痛みが出ます。
様々な要因が重なりキツイ炎症を起こしているので、まずこの炎症を緩和させ熱を下げなければいけません。
リンパコレクションテープを貼って、次にアイシング。
これは1~2日は数時間おきにやってもらうのが良いでしょう。

次に首や肩甲骨周りのチェック及びテーピング。
まだ痛みの為、そしてこの炎症が起こる前の可動域も判らない状態なので慎重にやっていきました。
まだまだしっかりしたストレッチポジションが取れないので、テーピング自体も不完全なものですがそれでも結構痛みがマシになられました。

立ち上がったり階段を下りたりする時にも肩の動揺は起きず、迎えに来た車に乗られる際もスッと一人で乗車されました。
何より来られた際は痛みで涙が止まらなかったのですが、帰りは本当に穏やかな顔になったおられたのが嬉しかったですね。

しばらく通っていただく事にしました。
外反母趾も進行していて、それもよく躓く原因かと思われます。
とにかく、全身をしっかりチェック・調整してこの悩みから早く抜け出していただくよう努力したいと思っております。

楽水庵

ハムストリングの激しい痙攣に

京都府長岡京市の 『痛みの探偵!』 楽水庵です。

このブログでかなりの頻度で書いている事柄に、症状が出ている箇所に一番の問題がないケースが多々にあり、それをしっかり把握していかなければ解決しない、という点があります。

先日の男性もまさにそのパターンでした。
施術中に右ハムストリング(大腿部裏側)の激しい痙攣を起こされました。
今まで通っておられた間にその症状はなく、初めてでした。
聞くと、時々症状が出て収まるのに結構時間が掛かるとの事。

結構膝を曲げたりすると痛みが強く出ているので、早く楽になってもらおうと思案。
まず、ハムストリング自体にアプローチするも、あまり効果なし。
次に私自身が臨床で確認している中殿筋へのアプローチも変化は出ず。

念の為、もう一度ハムストリングにEDFテープを貼ってみても、やはり痛みは消えません。

そこで、最後に大腿部表側にアプローチ。
EDFテープを貼ると、症状がピタッとなくなりました!
ふ~、やれやれです。
大腿直筋の問題が一番だった模様です。

途中ヒントはいただいていました。
「奥の方」というものです。
つまり、ハムストリング表面の問題ではない、という事だったのです。

しかし、なかなか一発で見つける事ができず、まだまだ未熟者ですm(__)m
このヒント、本当に大切にしなければいけません。

このように、拮抗する筋肉・アナトミートレインといった筋膜上でつながりの深い筋肉、等症状を起こしている原因は様々です。
「この場合だったらこれ!」と決めつける事無く、広い視野で皆さんのお悩みを解決していけるようになれれば幸いです。

楽水庵


「こういう体勢だと肩が外れやすい」

『痛みの探偵!』 kinesio ≒ pain buster & performance upper 京都府長岡京市の楽水庵です。

最初は踵の膝の痛みがひどく、そちらの方が最優先だったハンドボールをやっている女子高生。

左肩も亜脱臼気味で、それは固定テープを巻いているという事なので最初は触っていませんでしたが、固定テープでも外れるし膝や踵の状態が結構改善されてきているので、最近では左肩を重点的にやるようになってきています。

肩の安定の為には、ローターカーフと呼ばれる肩の腱板を構成している棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋というインナーマッスルの調整が必要です。
ただ、これは当たり前と言えば当たり前で、彼女のように頻繁に肩を外すには何か原因があると思われます。

前にも書きましたが、開帳足の為に足趾が踏ん張れない為にパスを受ける際に下半身が粘れないのも原因の一つだったでしょう。
ただ、最近になって彼女曰く、「外れる時はいつも左腕を上に挙げた時」と言っていたので、チェックすると僧帽筋の下部の機能が著しく低下していました。

下僧帽筋は拳上した腕を前に押し出す機能を持っています。
これが弱いと、拳上した状態で速いパスをもらうと簡単に後ろに持っていかれ、必然的に肩が外れやすくなっていたのでしょう。

ちなみに、僧帽筋は上・中・下と分ける事が多いのですが、私の見解ではどこか弱い部分があれば全体的に弱っているので上・中・下全て調整した方が良いと思います。

そういう訳で、僧帽筋・ローターカーフ等の調整と、少しばかりの方を安定させるテープ、それらによって左肩の状態も良くなってきています。
チューブトレーニングで下僧帽筋をやるようアドバイスもしています。

よほど無理をしなければ肩が外れるリスクはかなり減る筈ですが、そこはかなりの強豪校で練習もハードな模様で予断を許しません。
でも、できる事なら少しセーブして肩を今少し守りながら練習してほしいと思います。


楽水庵



関東滞在中に3回セミナー開催

かなりご無沙汰しておりました!
京都府長岡京市の 『痛みの探偵!』 kinesio = pain buster & performance upper 楽水庵です。

11月18日の夜京都を車で出発、19日から23日まで埼玉県戸田で公認ボートコーチの講習、24日に季節外れの大雪の中東京へ移動。
25-26日と東京海洋大学越中島キャンパスで今回初めて開催されたキネシオテーピング協会認定指導員更新講座を受けました。
26日の夜に八重洲を出発、27日朝に京都へ帰還。
8日間休んでいたのでそれから1週間ぐらい超ハードな生活でした(^_^;)

さて、そんな関東滞在中に縁あって3回もセミナーをさせていただく事ができました。
最初は、今年の全日本ボート選手権をエイトで優勝した強豪実業団チーム。
ここの監督さんと知り合いだったので、一度やらせてもらいたいと申し出て実現しました。

実は監督さんも私もチームの選手達が求めているものを提供できるかどうか不安でした。
しかし、終わってみると「こういう結果の出るものを求めていたんです!」というコメントをいただきました。
非常に嬉しかったですね~
監督さんとも相談して、定期的に戸田へ日帰りで施術しに行く効能性も出てきました。


次に24日夜に日本橋(東京のです!)、ある接骨院チェーンの本部でセミナーを行いました。
これもある縁でやらせていただく事になったのでした。
今年5月神楽坂で行ったセミナーに参加されたこのグループの店長が、今回本部でもやってもらえないかと提案され本部に交渉してくださった結果、行う事ができました。
本当にありがたい事です。
当日は21時過ぎから21名、皆さん仕事が終わってから本部に集まってこられた中、2時間しっかりさせていただきました。
参加された方全員がプロなのですが、その皆さんに「ビフォー・アフターがハッキリするので判りやすい」と喜んでいただきました。
「早速翌日から治療に使わせてもらっています」、「また東京へ来られる際はよろしくお願いします!」、とも言っていただいています。
自分の持っている知識・技術が本当に皆さんのお役に立つのなら、これ以上の喜びがありません。

そして、26日の関東滞在最終日。
いつも段取りをしてくれる渡邊氏が「八重洲の会場を使えますよ」と言ってくれたのでお願いしました。
しかし、この俺が八重洲で!って少し躊躇しましたね。
渡邊氏の話だと、今まで使った品川や神楽坂だと人によってはアクセスが悪く、その点東京駅近くだと集まりやすいとの事。

20161126tokyo_1.jpg

それではお願いしますとお願いして段取りしてもらい当日のセミナー。
流石に忘年会とかが入って来られない、という方も出ましたがボート関係者でリピータの方も来ていただいて無事行えました。

今回のメインテーマは、テーピング及び手技による『浅筋膜リリース』
どちらも同じコンセプトで行います。
基本的には、状態がそれほどでなかったら手技、結構な場合はテーピングを加えます。

20161126tokyo_5.jpg20161126tokyo_2.jpg
この浅筋膜リリース、日本橋でのセミナーでも好評で最後の方に中殿筋のリリースを手技でやったのですが、「今日の中で一番良かったです」って感想をもらった時は「いや、その前のテーピングも良かったんじゃ」と少しムッとしましたが(笑)

こうやって無事3回とも終了して帰ってきたのですが、冒頭に書いてました通り滞在中及び帰ってからのハードワークでなかなか報告できずじまいでした。

この3つともまたやってほしいと言ってもらっています。
私も望んでくださる限り是非とも続けていきたい。
そして、ドンドン進化したものを提供し続けていきたいですね。


楽水庵









このページのトップへ