• 楽水庵とは??整体院院長紹介
  • 楽水庵の施術について
  • よくある質問
  • お客様の声パフォーマンスアップ例
  • アスリートの方へ
  • リンク集
  • NEWS&TOPICS
  • 楽水庵ブログ
  • 楽水庵を推薦していただいております
楽水庵 店舗概要

【住所】
〒617-0828
京都府長岡京市馬場2丁目6-8

【電話番号】
090-1902-9553
075-925-5951

【営業時間】
10時~12時 / 14時~16時
17時~19時 / 20時~22時
※完全予約制

HOME > 楽水庵ブログ > アーカイブ > 2013年8月アーカイブ

楽水庵ブログ 2013年8月アーカイブ

「人と同じ事をしても・・・」

よく「人と同じ事をしても勝てない」という事を言う人がいますが、本当でしょうか?

ビジネスの世界ではある程度本当だと思います。
消費者の方々に目新しさをアピールする事は必要でしょう。
しかし、スポーツの世界でこの言葉は真理か、というと違うのではと思ってしまいます。
どのスポーツでも、それが長い歴史があるスポーツであればあるほどトレーニング法はある程度確立されています。
問題はそれをどう感じて、常に新鮮なイメージで臨めるか、ではないでしょうか?

例えば、歩くという動作はほとんどの方が何気なくできます。
ところが、その「歩く」という動作を自分なりにイメージを作り実践している方は歩ドンどおられません。
「歩く」という動作が大事に思っていたら、こんなに「ながらスマホ」が問題になる事もなないはずです。
普段、お金も掛からずエクササイズできる機会を無駄にしている方が非常に多いのが残念です。

スポーツ選手のトレーニングにも全く同じことが言えます。
普段何気にやっているトレーニングの一つ一つをしっかりイメージして行っているのか?
逆にそれをしっかり実践できている人は、特別な事をしなくても十分パフォーマンスを出す事ができる筈です。
なのに、皆さん、目新しい事を追い求め、より複雑でより困難な事をやりたがります。
本当にそのトレーニングが必要なのでしょうか?
もう一度足元を見つめ直したほうが結局近道ではないかと感じます。
例えば、ボートの世界ではでよくウエイト・サーキットが取り入れられていますが、
その前にサーキットに取り入れているウエイトの種目が確実にやれているのでしょうか?
できていなければ、よりハードなウエイト・サーキットをしても、
確かにやった感はあるでしょうが得られる効果はあまりありません。
心肺トレーニングをしたかったら、他にいくらでも方法はあります。
決してウエイト・サーキットが無駄といっている訳ではありません。
その前提が正しいかどうか見つめ直してほしい、と言っているのです。

これは選手の方々の感性にも左右されますが、そういうものだという事を指導者がしっかり説明する必要があるでしょう。
でなければ指導者自体がフラフラしてしまいます。
あの強い選手がこう言っていた・こんなトレーニングをしていたから真似しよう、
的な事ばかりしている選手・チームは決して強くなれません。
メディアに騙されてはいけません。
メディアは絵面の事ばかり考えているので、その選手が本当に普段からそういうトレーニングばかりしているか疑問です。
そういう表面的な事に捉われず、自分達の感性を磨く事に専念して下さい。
勿論、いろんな情報を吸収するのはドンドンやっていってほしいですが、自分を見失ってはいけません。
また、自己否定する必要もありません。
今の自分たちを肯定して、より感性を磨き、地味なトレーニングを豊かな感性で満たしてほしいのです。

「天才とは全く新しい事を創造するのではなく、ほとんどの人が見落としている事に気付く人」と言います。
是非、普段のトレーニングで見落としている事に気付いて下さい。

 

 


「ナンバ歩き」

たまたま、先日の勉強会後の雑談で、交通事故で複数箇所骨折されてまともに歩けない方が、
右足と右手を同時に出す「ナンバ歩き」をアドバイスしたところスイスイと歩けた、と言う話が出ました。

一時、陸上の末続選手が「ナンバ走り」で注目されていましたね。
別に末続選手は右手と右足を同時に出した走りをしていたのではありませんが、
そういう体の使い方をトレーニングに取り入れて走る時のバランスを良くしたそうです。

江戸時代の飛脚はこの走り方をしたから長い距離を走れたとも言われています。
今でも「ナンバ」的な体の使い方をするのが、剣道の足捌き、竹馬、相撲の鉄砲等があります。
江戸時代までの日本人は皆ナンバで歩いていたと思っていたのですが、これは自分の勘違いらしく、
そういう訓練を受けた人、先ほどの飛脚や武士等しかこういう歩き方・走り方はしなかったそうです。

また餅つきの足の置き方も「ナンバ」と言えるでしょう。
自分も10数年前生まれて初めて餅を付かされた時は右利きなので、
最初普通に左足を前に出して付いていましたが、なんか上手くできません。
周りを見ていると右足を前に出して付いている人が多いので、そうしてみると軸が安定しました。
撒き割りなんかもその要領でやると良いのかも知れません。

翻ってみると自分が石段でやる「逆さ上がり」というエクササイズも「ナンバ」の動きです。
人間にとって全てではないかも知れませんが、ある動きをする時に「ナンバ」は自然なものなのでしょう。
漫画やドラマでよく緊張して右手と右足が同時に出る、というギャグがありますが、本当にそうなのでしょうか?
実はこの動作は熟練していないとなかなかできないものです。

少し涼しくなってきたので、自分もウォーキングをやり始めていますが、
その中で「ナンバ」も少し取り入れています。
そして気付いたのですが、「ナンバ」は階段や急な坂の上り下りの際に使うと、
軸が非常に安定し楽に歩けます。一度試してみて下さい。
階段の上り下りで膝が痛くなる、といった方は試してみる価値ありだと思います。

「使わないとダメですよ」

最近、肩や腕・腰などの慢性痛でお困りの方がよく来られています。
その際にほとんどの方が「痛いので、できるだけ動かさないようにしていた」と言われます。

確かに痛みの急性期は激しい炎症があるので、安静がお勧めです。
きついマッサージなども避けたほうが良いでしょう。
テーピングやアイシングで炎症抑えていく必要があります。

しかし、急性期が済んでいつまでも動かさないでいると、「廃用症候群」になってしまいます。
使わないでいる事で筋肉の萎縮・筋機能低下が起こり、関節可動域の減少をもたらしてしまいます。
良かれと思っている事が余計に痛みを再生産する、といった結果になりがちです。

これを防ぐには、使っていかなければなりません。
お勧めは弱っている筋肉を少しずつ収縮させていくエクササイズです。
それもいきなり関節可動域一杯に動かすと強い痛みを感じる可能性がありますので、
10回やるなら、10回目で一杯まで動くように小さな動きから始めます。
そして最後の回でそのまま10秒状態をキープします。
かなり痛くなる寸前で動きを止めて下さい。ただ、少しぐらいの痛みならやるべきだと思います。

そうやって、少しずつ痛みが出るポイントを遅らせていくと、徐々に関節可動域は戻っていきます。

「正しい努力」

この言葉はラーメンチェーン店「天下一品」の木村社長の座右の銘ですが、
アスリートにも当て嵌まる言葉です。

先日、今年ゴルフのプロテストを受けるという女性が来られました。
最近何か体のバランスが崩れているようなので、チェックしてほしいとの事でした。
流石に良くトレーニングされているので、筋肉量とかは凄かったですが、
悲しいかな、そのパワーを伝える足趾の筋機能が低いのでポテンシャルが活かされていません。
シャドースイングをしてもらったら直ぐに判明しました。
テーピングで筋機能を回復したらスイングが非常に安定しました。ボールコントロールも安定する筈です。

この方は最近パフォーマンスで非常に悩んでおられたようで、
それを打破する為に筋力トレーニングに励んでおられたそうです。
ただ、本当にこの方にとって一番重要な筋機能が疎かになっていました。
筋肉を増やすという事は必ずプラスに働くという訳ではありません。
あくまで全体のバランスを整えた上でのものでなければ「両刃の剣」になってしまいます。
強すぎる筋肉が弱い筋肉を引っ張りバランスを崩してしまう事も多いのです。

この選手はその事を実感してくださったので、ゴルフのパフォーマンスもより良くなってくれる筈です。

長い間傷めていても案外早く治る筋肉、腰方形筋

基本的に筋肉を傷めて治療に掛かった場合、「治療に掛かる期間=傷めていた期間」と言われます。
ですから、傷めて長い間放置しておくと治るのに時間を要します。
皮膚・筋膜の流れが悪い方向に流れているのを元に戻すのに時間が掛かるからです。

ところが、何年も傷めていたのに一度テーピングするだけで痛みがなくなってしまうような筋肉もあります。
自分の経験では「腰方形筋」と言われる腰の筋肉(腹筋扱いされる事もあります)がそれです。
左の腰方形筋は主に体幹を同側に倒す時に使われます。
この腰方形筋を傷めると腰も痛くなりますが、大腿部の付け根とかも関連痛で痛くなったりもします。
結構皆さん傷めておられる筋肉でもあります。
大抵の方は腰方形筋と同側の外腹斜筋や内腹斜筋も傷めておられます。
そして、不思議な事に何年も傷めていたのに、一度のテーピングで全快する方も多いのです。

何故だかは判りません。回復力の早い筋肉なのでしょうか?

正しいスクワットは肩こりにも効きます

スクワットを「膝の屈伸」と解釈すると、膝を傷める可能性が高くなります。
スクワットで膝は完全に伸ばしてはいけません。
ほとんどの方が、深く屈むと膝を傷めるので浅く屈み、
その代わりに膝を完全伸展して膝関節をロックされたスクワットをされています。
 
スクワットを「膝の屈伸」ではなく、『股関節の屈伸』とイメージしてなさって下さい。
正しいスクワットをするとお尻に良く効き、ヒップアップ等の効果もありますし、
肩甲骨を寄せて行うので肩こりにも効果があります。
 
まず、肩幅よりすこし広い程度の足幅で爪先を広げます。
足首の硬い方は踵の所に分厚い雑誌などを挟んで下さい。
そして、なんでも結構ですので棒を肩甲骨の上に乗せて肩幅より少し広い手幅で握ります。
 
まず、お腹で息を吸い肩甲骨を寄せ屈んでいきます。
膝を爪先の開きと同角度で開いて屈んで下さい。
体はあまり前に倒さないで下さい。倒し過ぎると大腰筋が働きにくくなります。
屈む時にお臍を太股に近づけるようにして下さい。
 
上がる時はお尻の筋肉、大臀筋で上げます。スクワットはお尻のエクササイズなのです。
今度はお臍を太股から離すようにします。
『屈む時はお臍を太股に近づけ、上げる時はお臍を太股から離す』のです。
また、上げる時に息を吐いて下さい。
 
そして、ここからが非常に重要なのですが、膝が伸びかける前に止めて下さい。
そして、息を吸い肩甲骨を寄せ直し、体制を整え繰り返します。
結構きついです。私も30回やるとお尻がかなりパンパンになります(^_^;)
 
書き忘れていましたが、重心はずっと踵に乗せています。
決して爪先には乗せません。
 
いつでも手軽にできると思います。
下半身を鍛えながら肩こりにも効くので、一石二鳥のエクササイズです。

1

« 2013年7月 | メインページ | アーカイブ | 2013年9月 »

このページのトップへ